見出し画像

変性意識状態とは何なのか? 僕らの学習帳 vol.073

僕らは、目が覚めている状態と眠っている状態、この別々の意識状態を行ったり来たりしながら生活をしています。

インテグラル理論では、この他にもさらに3つの日常的な意識状態を定義しています。全部で5つの日常的な意識状態があるということです。

ただ、それとは別に変性意識状態というものもあります。そちらについて説明したいと思います。

変性意識状態という言葉自体は聴き馴染みのないものですが、その中身は昔からよく言われてきたものです。

たとえば、ランナーズ・ハイ、火事場の馬鹿力、ゾーン、フロー体験など、脳のリミッターが外れたとも言われる意識状態のことです。

昔から、人々はこの状態をどうにかして作り出そうといろいろな方法を試してきました。その方法がドラッグであり、トランスであり、最近ではマインドフルネスです。

踊り続けたり、念仏を唱え続けたり、幻覚症状のあるサボテンを摂取したり、人類はさまざまな方法で、この変性意識状態にたどりつこうとしてきました。

その理由のひとつは、日常的に抑圧された感情を開放することができるからです。その現代版がマインドフルネスです。

精神と身体を分けてコントロールしている人間が必要としている意識状態とも言えるかもしれません。それが変性意識状態です。



今回の僕らの学習帳は、「入門 インテグラル理論」の第3章「ステート/状態」から、お話ししました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひ聞いてください。

僕らの教室


僕らの放課後(youtube)


僕らの放課後(podcast)


僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!


あと、5分だけください👉

ありがとうございます!「本で遊ぶじかん」に遊びに来ませんか?
5
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

僕らの学習帳
僕らの学習帳
  • 109本

平日毎日更新の学習帳です。本の内容を解説する「僕らの教室」、その教室の内容についてトークする「僕らの放課後」この2つのコンテンツの内容をコンパクトに文字でまとめています。合わせて楽しんでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。