見出し画像

写真で自然な表情を撮りたいときは、会話を楽しむことからはじめよう

写真を撮られるとき
こんな経験をしたことありませんか?

「自然に笑ってみて!」
「リラックスー!」

と言われるほど

「自然に笑うって、いつもどう笑ってたっけ?」
「リラックス…してるつもりなんだけどなぁ…」

と考えてしまって
笑う、立つ、歩くのように普段自然とできている
行動や表情が不自然になる。

でもいざ、撮る側になって自然な表情を撮りたい
と思うほど「うまくいかない…」となる方は
私だけではないはず(と信じています。笑)

もしかしたら
そのモヤモヤを解消するキーワードは
”とりあえず楽しくおしゃべりすること”かも。

私の中で最近一番上手くいかなかった出来事から
そんなほのかな予感がしてきたのです。


カメラ素人だけどYouTubeのサムネイル撮影をしてみた

こんにちは。
SUGOI学生インターンのめぐみです。

ちなみに私のカメラマン経験はほぼ0。
以前からモノの写真を撮ることはあったものの
人を撮った経験はほとんどありません。

いわゆる趣味として、訪れた風景や好きな景色を
楽しく気ままに撮影をする派の人間です。

そんな人撮りど素人の私ですが
先日SUGOIのYouTubeで新しく使う
サムネイル素材の写真撮影に挑戦しました。

サムネイルに載るのは
SUGOIのCOOゆういちさん。

新しいサムネイルのデザインを考えていたとき
代表のようじさんから、一言が添えられた
1本の動画が送られてきました。

「新しいサムネイル、こんなイメージでどう?」



送られてきたのは、俳優の佐藤健さんの
YouTubeチャンネルで公開されている動画。

ちなみに、以前SUGOIのYouTubeサムネイルに
登場したゆういちさんはこちら。

スクリーンショット 2020-10-26 14.15.08

どう見てもテイストの違う
ゆういちさんと佐藤健さん。

この2枚のサムネイルを見比べた私の目の前には
大きな壁が見えていました。

”どうやって佐藤健さん風の
ゆういちさんを撮ろう…”

「あとは任せた!」

そう言い残して去っていくようじさん。



”いや…これは…
ようじさんのイメージを作るの…難しすぎでは…”

そんな焦りを紛らわそうと
「佐藤健さんって、やっぱりかっこ良いですね」
とゆういちさんをいじってみる私と、

「今のひどくない?そりゃ違うよ」と言いながら
何一つ表情を変えないゆういちさん。

”ゆういちさんは…緊張してるのか…?
してないのか…?”


内心めちゃくちゃ混乱している私と
ゆういちさんの2人で始まった撮影。

「最近一番嬉しかったことってなんですか?」
「この本ってどんなこと書いてありました?」

「うーん、そうだなぁ…」

いい感じの表情になりそうな質問や会話の
きっかけを私から投げているつもりなのですが
ゆういちさんの表情も返しもパッとしない。

”全然うまくいかない…
撮れる写真もなんか不自然…”

心の中であわあわしていたとき
ゆういちさんからこんな言葉が飛んできました。

「ゴールを目指して撮ってるでしょ」


ぐさっ。たしかに。

こんな会話をしたら、イメージの表情になるはず
と思いながら、色々話しかけてた。

”うーじゃあどうすればいいんだー”


そのとき、ようじさんが去り際に言い残した
ある言葉が頭に浮かびました。

「ゆういちとめぐみらしい表情を撮ろうよ」

”そっか、佐藤健さんと同じような
表情を目指すんじゃなくて
ゆういちさんらしい表情を捉えればいいんだ”

そう気づいて、気を仕切り直し
いつもの会話を思い出しながら撮影リベンジ。


「ゆういちさんって、いつ本を読むんですか?」
「家とか、あとは電車の乗り換えかなぁ。
本を持ったまま乗り換えたりする」

「え!本を持ったまま!」
「だってしまうの面倒くさいじゃん」
「たしかに…」

”やば、終わった…”

いつもは普通に話せるはずなのに
やっぱり会話が続かない。

話すネタが思いつかなくて、
終盤はこんなやり取りも。


「今日の夜ご飯はなんですか?」
「それ、どうでもいいと
思いながら聞いてるでしょ」

「バレた…」

という感じで、なんとか2時間ほどで撮影終了。

撮った写真を入れてみて
ひとまずはこんなイメージに。

スクリーンショット 2020-10-14 17.45.21

※完成版のサムネイルは
  SUGOIのYouTubeで11月上旬に公開予定です!

ベストショットは楽しいおしゃべりから始まる

「写真撮るの、めちゃくちゃ難しかったです…」

撮影後、心がモヤモヤでぐちゃぐちゃな私に
ゆういちさんはこう言葉をかけてくれました。

「とりあえず、楽しめばいいんだよ。
素直に聞きたい、話したい話題でおしゃべりする」


つまり、撮影という場の体験をどう味わうか。

撮る側と撮られる側それぞれの体験価値にこそ
自然な姿を写真に映し出すヒントが
あるのかもしれません。

以上、「素人がみたクリエイティブカンパニー」でした!

あと、5分だけください👉

スキ嬉しいです!!コメントももらえると嬉しいです!
9
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。