見出し画像

社会的学習を逆手にとるために 僕らの学習帳 vol.068

2004年に公開された映画「サイドウェイ」は、カリフォルニアのサンタバーバラという地方のワイナリーを舞台にしたものでした。この映画のヒットによって、サンタバーバラのワインの売り上げは急上昇したのです。

それだけであれば、マスコミの影響のつよさの話で終わるのですが、それと同時に、話題になったのが次のセリフでした。

「メルローを注文するやつがいれば俺は帰る。メルローなんてクソまずいもの、俺は飲まない」

映画の主人公マイルスのセリフです。このセリフの影響によって、メルローのワインだけは、売り上げが下がったというのです。


何かを選ぶとき、自分の好みで選ぶものだと思うかもしれませんが、それと同時に、周りの人が選ぶのを僕らは常に学習しています。

Amazonレビューや、食べログ、Twitterでの口コミなどなど。何かを選ぼうとするときに、その前に購入した人の意見を参考にすることが当たり前になっています。

人間の脳は、社会と関わりながら、知識を獲得していきます。いい商品を見分けるには、どのレビューを見ればいいのか、誰の声を聞けばいいのか、美味しい料理を作るためには、何を参考にすればいいのか。

あらゆることを他人の行動を観察しながら、学んでいます。これが、社会的学習です。

僕らは、自分たちの個性だと考えながら、無意識に他人の意見に影響を受けているのです。

この社会的学習の問題点は、自分にとって価値のあるものも、無意識に拒否してしまうことです。

たとえば、アメリカでは毎年、提供された腎臓の10%が、移植されずに無駄になっているそうです。ひとりめの人が、腎臓の移植を拒否した場合、(その人の持病や宗教的な理由からかもしれない)その後の人は、拒否された腎臓だと思うと、何か問題があると考えて、拒否をします。

そして、その拒否の社会的学習が連鎖して、10%の腎臓が無駄にされてしまうというのです

これは、腎臓だけでなく、バツ1の男性/女性、売れ残っている住宅、行列のできないラーメン屋など。本当は自分にとって価値があるかもしれないのに、他人のせいでその選択を逃してしまっているかもしれません。

これが社会的学習の問題点です。自分にとって価値のあるものを、無意識に避けてしまう可能性があります。


では、良い点はあるのでしょうか。それは、あなたの決断が他人に勇気を与えることができるところです。

あなたがもし自分の無意識な社会的学習に気づくことができたとしたら、あなたはきっと自分の決断を実行することができるでしょう。ポイントはその後です。

周りと違う決断をしたあなたを、きっと誰かが見ています。そして、その人にとっては、あなたの決断が勇気となるのです。


多くの人が、「A」という選択肢を正しいというと、周りの人もその選択肢を学習し、「A」を選んでしまいがちです。それが繰り返されれば、いつしか、「A」という選択肢しかなくなってしまうでしょう。

でも、もし、あなたが「B」という選択肢を選んだとしたら、その後に続く人は、2択で選ぶことができるのです。

はじめて、「A」か「B」かを選べるようになるのです。

これが社会的学習を効果的に使う方法です。そうです。あなたの選択は、その後に続く人にとっての指針となる可能性があるのです。社会的学習の力によって。



今回の僕らの学習帳は、「事実はなぜ人の意見を変えられないのか」の7章の「赤ちゃんはスマホがお好き(他人 その1)」から、お送りしました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひご覧ください。

僕らの教室


僕らの放課後(youtube)


僕らの放課後(podcast)



僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!


あと、5分だけください👉

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
2
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

僕らの学習帳
僕らの学習帳
  • 118本

平日毎日更新の学習帳です。本の内容を解説する「僕らの教室」、その教室の内容についてトークする「僕らの放課後」この2つのコンテンツの内容をコンパクトに文字でまとめています。合わせて楽しんでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。