見出し画像

脳の早送り機能にだまされないために 僕らの学習帳 vol.064

接近と回避の法則という、シンプルな行動原理があります。快楽や報酬を予測できるものや人物には接近し、不快感や失敗・マイナスになると信じるものや人物は回避します。

好きな人には近づきたいし、嫌いな人からは離れたい。好きな食べ物はよく食べるし、嫌いな食べ物は食べずに残す。褒められればがんばるし、怒られるとやる気をなくす、という話です。

さらに言えば、ポジティブなものに対して、人は積極的に行動を起こしますが、何かネガティブなことが想像されると、人は行動をやめてしまいます。

だから、ちゃんと手を洗いなさいといくら叱っても、子どもが動いてくれなかったり、なんで遅刻するんだと注意しても、遅刻がなくならなかったり。


さらに言えば、いくら未来の恐怖を伝えても、全く響きません。

怪我をするからやめなさいといっても、虫歯になるから歯を磨きなさいといっても、今のうちに勉強しないと間に合わないよといっても、不幸をチラつかせたところで、人は動いてくれないのです。


僕らはみんな、「未来のムチ」を無視することがとても上手です。それなのに、私たちはついつい「未来のムチ」を使って、他人に注意しようとしてしまいます。

僕らは「未来のムチ」に効果がないことを身をもって知っています。それでも、使いたがってしまうのは、脳の中に「自動早送り機能」がついているからです。

しかも、この早送り機能は、相手の悪い結果ほどよく働いてしまいます。

冬場にTシャツだけで遊びに行こうとする娘に対して、鼻水をたらして苦しそうな姿を想像してしまったり、夏休みに宿題をしていない息子に対して、宿題が終わらなくて泣いている姿を想像してしまったり。

いろんな場面で自動的に早送り機能は作動しています。それも積極的に。

でも、その悲しい未来を伝えても、相手に伝わらないことは、すでに述べました。だから、せめてメッセージをポジティブに変換するのです。

コートを着れば、もっとたくさん遊べるとか、いま一緒に宿題をしたらおやつを食べられるとか。

そんなふうにポジティブなメッセージに変えることで、回避の法則から、接近の法則へと変更できるようになります。


自動的に起きてしまう早送り機能に気づいたら、そこから一歩立ち止まって、接近の法則にどうやったらメッセージを変換できるか、考えてみると相手の反応も変わってくるかもしれません。ぜひ一度試してみてください。


今回の僕らの学習帳は、「事実はなぜ人の意見を変えられないのか」の3章の「快楽で動かし、恐怖で凍りつかせる(インセンティブ)」から、お話ししました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひご覧ください。

僕らの教室


僕らの放課後(youtube)


僕らの放課後(podcast)



僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!
(教室・放課後は、記事の最後のリンクからご覧ください。)


あと、5分だけください👉

愛とアイデアのあふれる世の中を一緒につくりましょう!
2
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

僕らの学習帳
僕らの学習帳
  • 77本

平日毎日更新の学習帳です。本の内容を解説する「僕らの教室」、その教室の内容についてトークする「僕らの放課後」この2つのコンテンツの内容をコンパクトに文字でまとめています。合わせて楽しんでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。