見出し画像

noteに、ワクワクしちゃってます。

はじめまして、株式会社SUGOIと申します。「愛とアイデアのある会社」のSUGOIです。

突然ですが、私たちSUGOIは、自分たち独自のホームページを持つことを辞めました。そして、このnoteに引っ越してきました。まるっと全て引っ越してきました。

理由はとてもシンプルです。noteさんというワクワクするプラットフォームに出会ったからです。


ちなみに、SUGOIは創業の2011年からの8年間、つまり、2019年8月までの期間は、ずっとホームページを持っていました。とても当たり前の話ですが、持っていました。

そこには、過去の事例の写真が大きく映し出されて、「かっこいい」サムネイルがたくさん並んでいる、そんなホームページでした。

一般的な映像制作会社やクリエイティブの会社と同様に、自分たちの存在をホームページによって示していました。

このホームページというものに不満を持ったわけではないのですが、それ以上に、noteさんと進める未来にワクワクしちゃった。そうですね、「ワクワクしちゃった」というのが正しい表現のような気がします。


さて、わたしたちは、一体何にワクワクしちゃっているのか。そして、なぜ一般的なホームページを捨ててまで、noteに引っ越してきたのか、を簡単ではありますが、お話しさせてください。


ワクワクしちゃっているものの正体。

このnoteを読んでいただいている人ならご存知だと思いますが、noteで公開されている文章は、素敵なものばかり。

noteという空間が、色々な考えを発信する人のために存在していて、その素敵な空気感に惹かれて集まってきているので、こんな素敵な空間になるんだろうなと思っています。

たとえば、広告を出していない、ランキングを作っていない、という考え方は、読む人や書く人のことを一番に考えた仕様です。こういった細かい思いやりが素敵だなと思っています。

こんな素敵な空間なので、自分たちもその素敵な空間に仲間入りさせてもらい、さらに、この空間をよりよくする一員として活動していきたいなと思っています。


noteに引っ越してきた理由


そんな素敵な空間で、SUGOIが何をやりたいのか。それはたくさんあるのですが、もっとも力を入れていきたいのが「採用」です。

どの企業さんも同じだと思いますが、「採用」がもっとも重要な企業活動の1つで、それと同時にもっとも難しい課題でもあるかと思います。

そして、それはSUGOIも同じです。いままで、採用に苦労してきました。(こんなことを発信すると「ダサい」と思われるかもしれませんが、正直に言います。)


かつてのSUGOIは、リクルートサイトに登録して、そこからの応募を待つことばかりをしてきました。この採用方法は、当たり前なほどに一般的なものです。それは、会社がホームページを持っている、と同じくらい当たり前のことです。

しかし、私たちは、この一般的な考え方が自分たちに合っていないことに気づきました。それはシステムの問題ではなく、私たちとの相性というだけのことです。

なんというか、ランドセルが体に合わないなぁ、という感覚です。みんなが当たり前に持っていて、そしてとても便利なランドセルが、合わないという、なんとも情けない話なのかもしれませんね。


じゃあ、SUGOIはどんな風に「採用」をしたいのか。ランドセルを置いて、どんなカバンならフィットするのか。

そう考えた時に、自分たちは、もっともっと泥臭く、ある意味で非合理に、なりたいと思ったのです。

そこで、ホームページを捨てて、noteに引っ越しました。素敵な人たちが集うそのコミュニティに入ることにしたのです。それと同時に、採用活動もnoteの中でやっていこうと思ったのです。


noteでは、素敵な考え方や深い思想や、面白い体験などが、毎日たくさんシェアされています。この記事に出会うことは、その人のとても大切な部分に出会うようなそんな感覚です。

このnoteを通じてお互いを知りながら、お互いに惹かれ合うことができたら、そんな中で、一緒に働きたいと思う人を見つけることができたら。

少し、理想にかたより過ぎた話になってしまったかもしれません。でも、私たちSUGOIは、それくらいnoteに引っ越しできたことに、ワクワクしちゃっています。

このワクワクをこれから、SUGOIを訪ねてくれるみなさんとシェアできることができれば、そんな幸せなことはありません。

どうぞよろしくお願いいたします。

愛とアイデアのあふれる世の中を一緒につくりましょう!
11

「愛とアイデアのある会社」SUGOI

「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

note pro自己紹介記事まとめ

noteでは、読者へ運営方針を表明するのがコツです。このマガジンでは、note proを利用するクリエイターの、自己紹介記事をまとめました。

コメント1件

素敵な発信の1つ目に、私の写真を選んでくださりありがとうございます(*´-`)
私もnote始めたての者なのですが、ワクワクすることがいっぱいありますよね!これも何かの縁、SUGOIさんの愛とアイデア、見守らせてください💡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。