見出し画像

こんな本読んでみませんか?【6月のどの本で遊ぶのか会議】

本を読む以上に難しいのが、どの本を読むのか選ぶこと。なんか本読みたいんだけどな、でもどれ読んだらいいかわからなくて、なんてことありませんか?

SUGOIでは毎月、1冊の本をみんなで読む読書会を開催しています。しかし、この1冊を選ぶ前には、面白そうな本、気になる本がたくさんあります。その中から厳選した1冊をみんなで読んでいるのですが。

この選考過程を公開した方が面白いのでは?読書会に参加するしないにかかわらず、本に興味を持ってもらう機会になるのでは?

そんなことを考えついたので、毎月、SUGOIの読書会でどの本を読むのかの会議に上がった本を公開します。これを参考にして、面白そうな本に出会ってください。

そして、どの本が興味あるのか、ひかれるのかをぜひコメントで教えてください!

それではいきましょう。今回は全部で4冊紹介します。


1:平成史 (著:佐藤優・片山杜秀)

生前退位という形で31年の幕を閉じた平成。今になって振り返ってみると、いろんなことがあった31年でした。

二度の大震災も、オウム真理教も、バブル崩壊も、小泉劇場と呼ばれたあの政治劇も、イラク戦争も、この31年間にあったことでした。

こう並べてみるだけでも、「激動」という言葉があまりにも似合いすぎてしまう時代ですね。この平成を改めて振り返ってみるのはどうですか?

もし読書会でこれをやるとしたら、それぞれの経験やその時の思い出なんかも絡めながら話をすると盛り上がりそうですね。


2:生物はなぜ死ぬのか (著:小林 武彦)

人間は死の前では誰しも平等である。という言葉がありますが、しかし、なぜ人間は死ぬんでしょうか?そして、生命はなぜ死ぬようにプログラムされているのでしょうか?

老化するから、細胞が劣化していくから、弱肉強食の世界だから。

いろんな答えがあるかもしれませんが、どれもしっくりくる回答ではありません。なぜなら、これらは全て「どうやって」死ぬのかは説明していますが、「なぜ」死ぬのかには答えていないからです。

あらゆる生物が死ぬようにプログラムされ、死なないようには進化していない、ここに隠された意味はなんなのでしょうか?

普段は考えない問いについて考えることも、SUGOIは大切にしています。問いを持つ、問いを考える、そのきっかけになりそうな一冊です。


3:フェミニストってわけじゃないけど、どこか感じる違和感について──言葉にならないモヤモヤを1つ1つ「全部」整理してみた (著:パク・ウンジ 訳:吉原育子)

言わなくてもいいんだけど、声を上げるほどじゃないんだけど、ちょっと気になるだけなんだけど。

そんな違和感は日常の至る所にあります。そのすべてを捕まえて大声を出して、糾弾したいわけではない。

だけど、見過ごしていくと、我慢して飲み込み続けていくと、自分が苦しくなってしまう。そんな小さな違和感、モヤモヤについて、考えてみようという一冊です。

そのモヤモヤを丁寧にみていけば、当たり前だと思っていたことが当たり前じゃないことに気づくことができます。なんとなく使っている言葉がおかしいことに気づくことができます。

それはつまり、自分を大切にすることにつながります。

男女間の当たり前のズレ、思考のズレ、社会のズレを見つめ直し、自分を大切にするために何が必要なのか、一緒に考えてみませんか?


4:わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (著:平田オリザ)

コミュニケーション能力は、いまや学校や職場だけでなくあらゆる場面で求められる能力です。

ですが、そもそもコミュニケーション能力ってなんでしょう?

とてもざっくりとした名前にもかかわらず、わかりやすい響きのおかげで、誰もがわかった気になっています。しかし、蓋を開けてみると、それぞれの考えるコミュニケーション能力は少しずつ違っているようです。

ある人は、人前でわかりやすく話ができる能力のことをいい、ある人は、相手の話を聞く能力のことをいい、ある人は、語彙が豊富で例えが上手なことをいいます。

いったい、どれが本当にコミュニケーション能力で、私たちはどのコミュニケーション能力を身につければいいのでしょうか?

そして、それはどうやって伸ばすことができるのでしょうか?

この、実は得体の知れない能力から、人と人がわかり合うことの難しさ、そしてその難しさを乗り越えるために必要なことについて、考える一冊です。

みんなでこの本に話し合うことについて、より深くコミュニケーション能力について考えるきっかけになりそうですね。


以上、4冊を紹介しました。ぜひ、コメント欄でどの本が気になる、どの本を読んでみたい、もしくは、読んだことのある本の感想について教えてください。

また、他のおすすめの本があれば、それも合わせてぜひコメントで教えてください!!

動画でも本の紹介をしていますので、よかったらご覧ください。


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
25
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!