本で遊ぶじかん_note_2002

【2月の本で遊ぶじかん】みんなで本で遊ぶという思い出をシェアする

今回の「本で遊ぶじかん」も参加者の皆さんのおかげでとても素敵なじかんになりました。

それもこれも、参加者のみなさんが、「本を読む」ではなくて、「本で遊ぶ」ということが、とても上手だからかもしれません。

今回の遊ぶ道具となった本は、「予想どおりに不合理」という1冊でした。


この本では、人がどうしてそんな行動をしてしまうのか、を心理学を交えた経済学をもとに教えてくれます。

なぜ無料という言葉につられて、いらないものまで買ってしまうのか。
なぜ昨日決めた目標に向かわず、甘いものを食べてしまっているのか。
なぜ現金を盗むのはできないが、鉛筆を持って帰っても気にしないのか。

こんな誰もが経験したことのある、自分の不合理さを、解き明かしてくれる本でした。


画像2


これをみんなで遊ぶことによって、参加者の体験談が、本当にいろいろなお話をすることができました。

たとえば、弁当屋さんの高級メニューの話や、ポイントカードのミスの話など参加者の具体例が飛び出すと、そこはまるで人間の不合理さの博覧会のようになりました。

さらに、その体験談も、本の解決策や考え方に結び付けられ、一緒に納得しながら先に向かって進んでいくじかんとなりました。


画像3


画像4


1人で「本を読む」とその本は、自分の経験と結び付けられて、深められて、自分にとって大切な1冊となります。

その経験はその経験でとても貴重ですが、「本で遊ぶ」のは、全く違うものとなります。


画像6

画像5

それは、みんなで遊ぶので、みんなとの思い出になります。

みんなといった旅行やみんなでやったイベントのように、みんなで読んだ本、みんなで語ったじかん。その全てがみんなの思い出になります。


画像6


本で遊ぶじかんは、毎月1回行なっております。興味がある方はぜひ一緒に本で遊びませんか?

一人では読まない本も、一緒に読むととても楽しいじかんになります。

どうぞよろしくお願いします。


あと、5分だけください👉

愛とアイデアのあふれる世の中を一緒につくりましょう!
3
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

本で遊ぶじかん
本で遊ぶじかん
  • 30本

SUGOIで実施している読書会、 「本で遊ぶじかん」についての記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。