新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

イベント終了しました。【本で遊ぶじかん(オンライン)のご案内】5月20日水曜日の19時から、宇宙の神秘・物理の深淵、「超ひも理論」をのぞいて見ませんか?

5月20日水曜日の19時、第17回「本で遊ぶじかん」を開催します。
テーマは、「超ひも理論をパパに習ってみた」です。

今回も前回と同様に、コロナウィルスの影響を考慮して、オンラインでの開催となります。


超ひも理論とは、理論物理学の最先端の仮説で、あらゆるものが「ひも」でできているという理論です。

なんとなく、この世界のイメージとして、分子や原子などの点でできているイメージがあるかもしれません。なんか、点・もしくは、小さい丸い物体が集まってこの世界ができている。そんな感じです。

しかし、超ひも理論からすると、この世界は「ひも」でできていると考えます。


ひも?ってなりますよね。書いている本人も書きながら「ひも」?ってなっています。

この理論物理学の最先端の考え方を70分の講義にまとめてしまったのが、今回の本「超ひも理論をパパに習ってみた」という一冊です。


この本の中では、天才物理学者が、女子高生の娘にもわかる形で説明するという体裁をとっています。ただし、その内容は決して子どもだましではなく、本格的です。

天才物理学者が、この「ひも」について説明をしていくのですが、説明が進めばすすむほど、謎が深まっていきます。

たとえば、まだ誰も解いたことのない方程式の話とか、この世界は9次元でできているという異次元の話とか、ブラックホールはさらさらしているという途方もない話とか。


5月の「本で遊ぶじかん」では、超ひも理論という、どう考えても素人には理解不能な問題を、それでも遊びに変えてしまおうと試みます。

ひも?素粒子?異次元?ブラックホール?難しすぎる問題に、皆さんと一緒に頭を悩ませる「じかん」にしたいと思っております。

自分たちが生きている宇宙について、考えたこともないスケールで、考えてみませんか?


日時:5月20日(水)19:00〜(開場18:50)
開催場所:ZOOMのアドレスをご連絡します
※Peatix経由でご連絡しますので、Peatixのメールを受信できるように設定しておいてください。
参加料:2,000円
(下のpeatixサイトからご応募ください。)
参加人数:5人〜最大15人


SUGOIのnote更新情報はTwitterへ


愛とアイデアのあふれる世の中を一緒につくりましょう!
6
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

この記事が入っているマガジン

本で遊ぶじかん
本で遊ぶじかん
  • 30本

SUGOIで実施している読書会、 「本で遊ぶじかん」についての記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。