見出し画像

不遇を超えていけ、今週のSUGOI(2020/7/6の週)

こんにちは、COOのゆういちです。今週は雨と低気圧に悩まされる1週間ですね。

SNSは圧倒的な行動量が全て、7月6日月曜日

今、パークがやってくれている案件は、どちらも佳境に入ってきております。色校へと進んでいるグラフィックの仕事や、編集も形になりつつある映像の仕事。どちらも形になっていくこのタイミングが、一番緊張感も面白さもありますね。

私は、この日から積極的なSNS運用をやっていこうと、noteやtwitterでの行動量を増やしていきました。

どれだけいいスイングをしても、みてもらえなかったら意味がないし、スカウトもされない。ちゃんと自分たちの言葉を伝えられるように、動き、アクションし、インタラクションを生まなければという考えのもと、動き始めました。


コンセプトは何度でも話しあおう、7月7日火曜日

この日は、私と秋葉さんで、a yohakやCO-ENの運営の仕方や、考え方、どういう人と関わっていきたいかの話を改めてしていきました。

このコンセプトの部分が具体化されるときにどうしてもズレが発生してしまったり、違和感が残ってしまうことがあります。そのズレや違和感を放置せずに徹底的に話し合う。そして、より良いコンセプトとその具体化ができるところへとたどり着かねば。そんな思いで、長時間のミーティングを行いました。

自分たちがやりたいこと、やろうとしていることが、インスタントにできるものではなく、地道にやらなきゃいけないことを再確認できた時間でした。


アート思考の面白さに触れた、7月8日水曜日

朝から僕らの教室の撮影でした。今回の本は、「13歳からのアート思考」という本。20世期の現代アートを代表する6つの作品を軸に、アート思考とは何か、アーティストとは何かという話をしました。

これ、めちゃくちゃ面白いし、自分としても話しやすかったので、早く見て欲しいと思っています。

その頃、パークでは引き続きの案件が猛スピードで動いていました。編集や入稿の細かい作業になってきているので、要所要所でお互いの意見を交わしながら、ゴールへと進んでいっているところです。


毎月恒例の本選び、7月9日木曜日

この日は、毎月恒例のこの先の本を選ぶ時間でした。たくさんの候補の中から、ああでもないこうでもないと言いながら、僕らの教室、本で遊ぶじかん、本で学ぶじかんで使う本を選びました。

僕らの教室では、今まで扱ったことのなかった、アーティストの伝記本を採用しました。さあ、これをどうやってまとめるのか、楽しみにしていてください。


動画の編集の新しいやり方、7月10日金曜日

この日は、午前中にthanks夏の編集方針について話をしました。映像の流れは決まっているので、あとはどんな表現にするのか、細かい言葉はどうするのか、なんてことを話し合いました。

その過程で、編集について担当制をやめてみるということになりました。誰かがひとりでやるのが当たり前の編集作業に新しい可能性です。

時間ごとに交代して、次々と別の人間が編集を担当する。そうするとどんな成果になるのか。楽しみにしていてください。



以上、今週のSUGOIでした。今週もお疲れ様でした!

今週のインスタライブでは、現在のSUGOIが「不遇」で面白い、というなんとも秋葉さんらしいコメントが飛び出しました。いい意味で、自分たちらしさを象徴する言葉だと思います。




この記事が参加している募集

オープン社内報

あと、5分だけください👉

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
2
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

今週のSUGOI
今週のSUGOI
  • 22本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。