「いい感じ」から離れてしまえ。脱線のススメ【SUGOIの質問箱・番外編】
見出し画像

「いい感じ」から離れてしまえ。脱線のススメ【SUGOIの質問箱・番外編】

前回の質問箱の回答の後に、SUGOIで話をしたことを書きたいと思います。前回の質問は、こちらです。

0514_質問箱


この質問に対して、SUGOIは初任給と勤務地を答えるのではなく、なぜそれを公開していないのか、というお話をしました。

そのラジオの収録が終わった後に、私(COOのゆういち)がもう少し話をしたいと、アフタートークを始めたので、こちらもラジオ・noteにしてお届けしたいと思います。


採用とは人生の分岐点

個人的にずっと感じているものなのですが、いつだって学生や求職者とは、1対1の人間として会って話をしたいと思っています。

確かに、会社とは機能である、システムであると考えるならば、求職者の持っている能力・技能と企業が求めている能力・技能が一致するかどうかを確認すればいいのかもしれません。

そのために、志望動機や何ができるのか、どんな将来を考えているのかを聞くことは効率的かもしれません。

しかし、SUGOIでは、採用活動とは出会いであり、その人の人生の分岐点だと思っています。だからこそ、その人の能力や技能以上に、その人自身がどういう考えなのかをじっくりと聞くようにしています。

その時間を過ごしてからでないと一緒に過ごすことができない、働くことができないと考えているからです。


学生はわかりやすい条件を見てしまう

だからこそ、私たちはnoteで地道な発信を続けています。自分たちの考えや価値観、大切にしていること、仕事環境などなどを継続的に発信しています。

これは正直、時間も手間もかかります。が、これをやることがそもそも採用活動の一番基本だと思っています。

それに対して、条件を提示するのはとても簡単です。そして、即効性が高いです。条件がいいというのは一目でわかるからです。そのきらびやかさ、わかりやすさを、しっかりと吟味する目を持っている学生がどれだけいるでしょうか。なんとなく良さそうで選んでしまうかもしれません。

学生は、判断する材料を十分に持っていないし、周りに流されながら、なんとなくで選んでしまうかもしれません。そのなんとなくで選ぼうとしている学生と一緒に立ち止まってあげれるのは、一緒に考えてあげれるのは、人事・採用を担当している人間だけかもしれません。

だからこそ、私は一人ひとりにしっかりとお会いして、お話をして、どういう企業やどういう職種が向いているのかを考えたいと思っています。


「いい感じ」であり続けたい企業と学生

しかし、このいい感じの大学からいい感じの企業に入るというのは、就職活動に始まったことではないかもしれません。大学でも専門学校でも、高校でも、いい感じを見せることで、若者を惹きつけている。

それは、そもそも、この社会のあらゆるところにある根本的な姿勢なのかもしれません。

そして、この「いい感じ」というレールから脱線することを、誰も勧めてはくれないのだと思います。だからこそ、多くの学生は、今乗っているレールの先の企業に入りたいし、このレールに乗り続けることが大切だと考えてしまうのです。

そのレールに乗り続けたい学生と、このレールに載せ続けたい企業の思惑が一致しているのが就職活動というものかもしれません。


ダッセンのススメ

そう考えると、私が怒らなければいけないのは、人事や採用や就職活動という世界ではなくて、そもそもこの脱線が許容されていないことなのかもしれません。

だからこそ、SUGOIでやるべきは、「ダッセンのススメ」であり、脱線をすることで視点が増えること、可能性が増えることを伝えていくことだと思います。

それができるのも、SUGOIには、脱線経験者が多くいるからです。無職を経験している代表に、留学や中退をしてきたCOO、一社目をドロップアウトしたメンバーに、休学と留年をしたインターン。

こんな4人がいる会社だからこそ、脱線の面白さ、脱線の価値を伝えていけると思います。この脱線の勧めも、どんな形かわかりませんが、進めていけたらなと思っています。


ぜひ、ラジオも聞いてください

ざっくりとnoteで答えましたが、まだまだ伝えきれてないこともありますので、ぜひラジオも合わせて聞いてください。

この質問を囲んで、SUGOIのメンバー4人でラジオを収録しました。

ちなみに、メンバー構成は
陽児さん:無職を経験しているCEO秋葉陽児
ゆういち:留学と中退とフリーターを経験しているCOO子守祐一
ももの:1社目からドロップアウトした重政百乃
めぐみ:休学と留年をした学生インターン加藤恵美
この4人です

SUGOIでは、皆さんからの質問を募集しています。いただいた質問によっては、今回のようにラジオ・noteで取り上げてお答えしていきたいと思っております。

ぜひ、あなたの疑問・質問をクリエイターに問いかけてみてください。


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

ありがとうございます!「本で遊ぶじかん」に遊びに来ませんか?
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!