毎週アップデートして、伝えたい、もっともっと伝えたい!
見出し画像

毎週アップデートして、伝えたい、もっともっと伝えたい!

毎日、noteの下書きの中で、もがいています。何を書けばいいのだろう、どう書いたらより伝わるのだろう。

こんにちは。モモノです。これで私が書く「今週のSUGOI」は6本目です。6本の中で、何度も書く内容をアップデートしています。アップデートする度に、迷ったり、悩んだり、書けなくなったりしています。でも、それでいいんだって思えた1週間でした。

水曜日に、全員での打ち合わせがあり、いつものように上野毛に集まりました。その中で、noteについても話し合い、私が今後どうしていけばいいのかみんなで話しました。(詳しくは、水曜日の「モモノ日記」に書いてますのでそちらをぜひ、読んでほしいです。)

打ち合わせの中で、ゆういちさんが「サッと書けた記事なんて面白くないでしょ」と言いました。SUGOIのnote記事を1番多く書いているゆういちさんが「楽に書けた記事なんて1本もない」と言ったのです。

何かデザインする時や、映像の編集をする時に、迷って、悩んで、苦しい時も多いです。正解なんてないからです。参考を探したり、いろいろ試してみたり、比較してみたり、とにかく考えます。1人で出来なくて、相談したりもします。そうやって、よりいい方法を探します。noteも同じでした。よりよくするために、たくさん考えて、いい方法を探さないといけません。

どうやったら伝わるかな、と考えるのはデザインでも、編集でも、noteでも同じです。なぜか、別で考えている私がいました。当たり前のことに気づけた1週間だったように思います。ゴールはきっとなくて、どこまでも上にいける。まだまだスタート付近だと思うので、これからも迷ったり悩んだりしながら、もっと伝えられる記事を書けるように、SUGOIを発信できるようになりたいです。

では、今週も1週間をレポートしていきます!


今週のa yohak、9月5日日曜日

「問い」のブランドa yohakのゴールは、「問い」の面白さを感じてもらうことです。そのために、私たちが準備をしているのが、問いリストです。1人で、パートナーと、家族や兄弟と考えてほしい「問い」をこちらから提示することにしました。

ただ、この「問いリスト」が正解ではなく、補助だったり、参考だったり、考えるきっかけになればいいと思っています。

a yohakも「本で遊ぶじかん2」も色々と、9月6日月曜日

・a yohakのデザイン進んでます
前週から引き続き、和紅茶をお届けする際に同封するもののデザインを考えています。文字サイズ、フォント、写真の位置など、レイアウトを考えています。たくさん文字を入れて伝えたいのだけれど、文字を小さくしすぎても読みにくいし、余白がないのも読みにくいし、取捨選択の連続です。まだまだブラッシュアップが必要です。

・「本で遊ぶじかん2」の準備
15日(水)に迫った「本で遊ぶじかん2」の準備をしています。当日、みなさんとお話する時に使う説明シートの準備しています。あとは、Miroの準備も進めています。Miroは、オンラインホワイトボードです。このサイトを使って、1人ずつプレゼンしていきます。オンラインでも、楽しめるように色々と工夫しています。興味があればぜひ、遊びにきてください!

・SUGOIのみんなから、公開情報!
SUGOIの代表のヨウジさんがnote記事を公開しました。今後の「広告」についての記事です。

広告について興味のある方、また今までの広告の表現や作り方に不足や迷いを感じていた方にぜひ読んでほしい記事です。「広告から抜け出たこれからの道」のことを具体的に話しています。詳しくはこちらから。

・モモノ日記
ほぼ1日使って、前の週の「今週のSUGOI」の書き直しをしました。文章を書くときに、最初に整理してから書き始める。思ったことをどんどん書いていかない。これがポイントでした。

思ったことを、思ったままに書いていっていたのですが、1番言いたい、伝えたいことがわかりにくくなってなっている部分が多かったです。あれも言いたい、これも言いたい、もっと詳しく伝えたいと思って書いてたのに、結局なにが言いたいのかわからないnote記事になっていました。

まずは、言いたいことを整理して、そして、それに必要な具体的な出来事を書いてわかりやすく、伝わりやすくしていく。基本的なことが出来ていなかったです。デザインと同じで、こちらも先に手が動いてしまう癖が出ていたようです。まだまだ文章の練習中ですが、もっともっとわかりやすく、伝わりやすいnote記事にしていこうと思います。手を動かす前に、まず、整理です。

色々準備期間です、9月7日火曜日

・ブランドムービーの確認をしてもらっています
SUGOIのブランドムービーも、最終確認段階です。出演していただいた方に公開前の確認をお願いしています。「金曜日までにお返事をお願いします」とお願いしたにも関わらず、みなさんから、すぐにお返事をいただきました。そして本当に嬉しいコメントばかりです。ここから、音楽の最終調整などをして、公開に向けて準備していきます。

・2022年春・夏が始動です
靴のブランドのカタログ制作が本格的に動き出しました。使用予定のスタジオに問い合わせをして、ロケハンの日程を決定しました。ロケハンは、実際にスタジオを見に行きます。アングルの確認や、光の入り方、そしてどんな風に撮影が進むのかも想定しながらスタジオを確認しに行きます。

・素材合成作業
靴のブランドの企画書に入れる、イメージ写真の合成をしました。参考の写真に、実際の靴を合成していく作業です。合成写真で難しいところは自然に見せることです。合成する靴の角度だったり、影の入り方だったりを、合成前の素材をよく観察して、同じように加工していきます。影を入れる前と後とでは、ぜんぜん印象が違います。不自然から自然に見えてくる瞬間はとても気持ちがいいです。

・a yohakの記事書いています
木曜日に公開予定の記事、次の週に公開予定の記事と、何本も記事を用意しています。発売情報や、発売する和紅茶の内容だったり、これから公開していく情報がたくさんあります。やっとみなさんの元にa yohakが届けられると思うと本当に楽しみです。記事の公開、お楽しみに。

・僕らの学習帳を公開しました
今回の僕らの学習帳は、「8月の本で遊ぶじかん2」で扱った「ガラパゴス・イノベーション」から。テーマは「強者の戦略と弱者の戦略」です。

強者の戦略はシンプルです。戦うのです。戦って、勝って、さらに強くなる、その繰り返しです。

では、弱者はどうするのか。戦っても勝てません。弱者の戦略は「選択と集中」です。ここだけでは負けないというオンリーワンでナンバーワンになる戦略をとるのです。ガラパゴス諸島の生物に習った戦略ですが、ビジネス上でも適応されます。自分だけのオンリーワンの場所を見つけて、その場所でナンバーワンになる。詳しくは、学習帳を読んでください!

・「まだまだ本で遊ぶじかん2」を公開しました
podcastとstand.fmで、8月の「本で遊ぶじかん2」で扱った「ガラパゴス・イノベーション」について話しています。8月の「本で遊ぶじかん2」の時間の中で話しきれなかったところや、盛り上がったところなどをSUGOIのメンバー4人で話をしています。「本で遊ぶじかん2」でもこんな感じでみんなで議論します。ぜひ、「本で遊ぶじかん2」にも遊びに来てください!

・モモノ日記
夜のzoomでの話を。月曜・火曜と、自分が思っていた作業が終わりませんでした。何日も連続で「すいません、出来てません」と自信なく発言している自分が嫌でした。私は正直に、ゆういちさんに相談しました。「このままじゃよくないのはわかっています。でも、どうしたらいいのでしょうか。」と。そこで、ゆういちさんが言ってくれたことを書きます。

『「ここがよくなかったです。反省します。」ではなくて、「何があれば、できたのか」を考えてみたらどう?』と。作業時間でもそうですし、デザインを考えるときもそうです。出来なかったということに対して、何があれば出来たのかを整理してみようと思います。

では、今回でいうと、何があればできたのか。情報の整理があればよかったです。必要な情報(テキスト)を、曖昧なままで進めました。ビジュアルだけを考えてレイアウトを組んでいきました。全文が揃っている必要はありませんが、ざっくりとした文章をイメージして、または自分で書いてみて、デザインに進んでいたらもっとレイアウトに意味を持たせることができました。なんとなくでビジュアルだけを考えることもなかったです。後回しにしても大丈夫な箇所ではあったけれど、何も考えないで進めることはよくなかったです。少しだけ情報を整理すれば、こんなに進まない、ということもなかったでしょう。

こんな風に、これから「何があれば、できたのか」を考えてみようと思います。「これがあればできたよね」って、とても明るい考えで、次に繋がる明るい道に見えました。次はできる気がしたからです。次できなくても、その次。またその次、って、どんどんできることが増えていったら楽しいです。ちょっとワクワクします。

a yohakな1日、9月8日水曜日

・「a yohakな人」の記事を読み合わせしました
2人目の「a yohakな人」の記事4本を、メンバー全員で読み合わせしました。じっくり記事を読んで「この言い方の方がいいんじゃない?」「ここはどう受け取られるのかな」と、意見を言い合いました。もう、何度目かの読み合わせです。アップデートに、アップデートを重ねました。話し合っては書き直し、さらに話し合いました。

この後、「a yohakな人」へ、4本の記事の確認をしてもらいます。みなさまのところにお届けするまで、もう少しです。

・a yohakのポストカード作っています
和紅茶をお届けする時に同封するポストカードのデザインを考えています。私がデザインを進めていたのですが、もう1度みんなで考えることにしました。どんな情報が必要なのか、全員で整理しました。

打ち合わせの最初に、全員の認識を揃えるところから始めます。「ここは当たり前だよね」と、飛ばして話してしまうと、後々大きなズレにつながります。最初を丁寧にスタートさせます。

なぜ、私がデザインを進めていたのに、もう1度全員で初めからリスタートしたかというと、この情報の整理が出来ていなかったからです。「ここは当たり前でしょ」と、私が飛ばしてしまったせいで、デザインにズレが起きました。なので、他のメンバーの力を借りて、またここからデザインをしていきたいと思います。ちゃんと整理できたので、もう迷いません!

・インターンめぐみのモヤモヤのち晴れ公開しました
『伝えること、それが私がいる理由
思ったことを伝えることができない。その理由は、発した言葉を受け取ってもらえない怖さを持っているからかもしれません。でも、どんな受け取られ方をしても、口を開かなければ何も伝わりません。』

この言葉が痛いほど刺さりました。本当に、その通りだと思います。相手がどう受け取るのかを考えれば考えるほど怖くなります。でも、めぐみが書いているみたいに、「大胆に素直に伝えられる人になっていこう。」こう思うことはとても素敵なことです。私もハッとさせられた記事です。私も、素直に伝えていきたいです。

・モモノ日記①
書きたいことが2つあります。まず、今後の「今週のSUGOI」を書くことについてです。自分のタスクは書きやすいです。私が何をしたのか、その想いを書けばいいです。でも、他の人のタスクの想いは聞かないと、そう思っていました。でもその前に大切なことが抜けていました。

昔の私は、「私のタスクは、私がやります。他の人のタスクは、他の人の仕事です。」そういうスタイルでした。でも、そう思うことは卒業しました。でも、まだまだ知らないことが多すぎた。この「今週のSUGOI」を書くようになって、少しは周りを見ていると思ったのですが、ぜんぜん足りていません。

もっとまえのめりで、SUGOIの「スゴイ!」ところを発信していきます。私たちはこんな風に考えてモノづくりをしているんです、ともっともっと伝えていきます。そのために、まずは私がもっとSUGOIのことを知らないといけません。今まで見てこなかった部分にもっと目を向けて、今まで以上に「SUGOI」を発信していきます。

・モモノ日記②
私たちの打ち合わせの話のスピードは速いと思います。私が「ん?今のはこういうことか?」と考えているうちに、話題が2つ3つ進んでいます。私は、今まで「整理できないまま」「わからないまま」をそのままにしていました。追いつけない、でもしょうがない。それの連続でした。

分析してみると、いつも私は「一緒に考えているフリしてたな」と。「一緒に走ってると思っていたけれど、1人になった瞬間、私走れないな」と。いつも、助けてくれて、その助けを待っていただけなのです。それで、自分でできていると勘違いをしていました。

考えることを諦めすぎていました。できると思っていたことが、本当はできないことだったことに気づきました。わかるフリをし続けて、それでいいんだと、思い込んでいました。打ち合わせ中、話を止めることだってできるし、質問することだってできるのです。質問していいよ、聞いていいよ、という環境は用意されてて、あとは、私がわかったフリをしなければいいのです。

それでもやっぱり「こんなこともわからないのか」と思われるのが怖いです。「馬鹿じゃないの?」って思われたくないです。そんなことは誰も思わないのも知ってますが、でもやっぱり怖いです。私のせいで、進まない、時間がかかるのも嫌です。でも、このままの私はもっと嫌です。この自分の思い込みとかをいったん全部捨てたいです。

次、追いつけなくなったら、迷わず話してみようと思います。考えることを諦めたくないです。もう、1人になって立ち止まるのは嫌です。そっちの方がよっぽど怖いことだと思ったから。聞こえていない、想像の声に怯えるのも終わりにします。もう、迷いません!

次週に向けての準備を、9月9日木曜日

・a yohakのnoteの準備しています
本日公開したa yohakについての記事の最後にもお知らせしていますが、販売開始のsetの内容、「問いって、いいな」setについての記事の準備をしています。どんなセット内容なのかはもちろん、「和紅茶」についての説明なども公開する予定です。

そして、私たちがa yohakを通じて、みなさんにどんな時間をつくってほしいのか。どう、余白(a yohak)を楽しんでもらいたいのか、も書いています。次週の公開を、お楽しみに!

・ブランドムービーも最終調整です
音楽制作をお願いしている狩生さんから、調整された音楽を送ってもらい、音楽・音声の確認や、タイトルのデザインの調整などを進めています。どこでコピーを出すのかも含めて、検討しています。13日(月)に公開予定です!

・a yohak公開情報!
いよいよ、発売日が決定しました!9月16日(木)に、a yohakの和紅茶が発売開始になります!構想段階から3年、ブランドの名前ができてから2年、お茶の生産農家さんとの出会いから1年。長い、長い準備期間を経て、やっと発売までたどり着きました。私たちの道のりも合わせて知っていただきたいです。ぜひ、読んでみてください!

・モモノ日記
お休みをもらっていたので、日記もお休みです。

ブランドムービー間も無く完成です、9月10日金曜日

・木曜日に続き、編集も大詰めです
次の月曜日に公開が迫る、ブランドムービーの編集もいよいよ大詰めです。狩生さんが、音声を最後の最後までアップデートしてくれました。そして映像の方も、タイトルの調整を何度も繰り返し、気になるところを社内で相談して、アップデートを重ねていきます。

・愛とアイデアの旅はじめます
SUGOIが新しいことを始めます!noteの中で、もっとたくさんの素敵な出会いを求めて旅をしようと思います。

noteという街に住みはじめて2年が経ち、個人の方との素敵な出会いがいくつもありました。その一方で、法人の方とはまだまだ十分に出会えていないと感じています。なのでこれからは、よりたくさんの法人アカウントさんを探していこうと思っています。「SUGOI」と感じられる企業さんを探す旅に出ます。

noteで出会い、つながるための、愛とアイデアの旅。どんな活動をしていくのか、詳しく書いていますので、ぜひ読んでください!

・モモノ日記
お休みをもらっていたので、日記もお休みです。

SUGOIのブランディングのメソッドを公開、9月11日土曜日

ブランドとは「約束」です。自分たちがどういう存在であるかの約束です。そこには、会社全体の想い、過去、現在、そして目指す未来が込められています。その全てが矛盾することなく、一致しているブランドを作り続けることがブランディングです。

「約束」にはストーリーがあります。「こういう想いで起業し、その想いをこんな風に育てました。そして、こんな未来を目指します。実現した時には、こんな社会になります。」と、いったストーリーです。

SUGOIが考えるブランディングとは、何なのか。そして、どのようにブランディングを実行していくのか、を詳しく記事にしました。ぜひ読んでください。そして、本格的な相談でなくても、話を聞いてみたい、など気軽にご連絡いただければと思います。


以上、9月6日の週のSUGOIでした!

SUGOIの考えていること、感じていることを毎週月曜日に書いています。このコラムを通じて、SUGOIのことを少しでも知ってください。
また質問箱では、皆さんの質問に答えています。仕事のこと、クリエイターのこと、キャリアのこと、どんなことにも真剣にお答えします。質問お待ちしています!!


この記事が参加している募集

私の仕事

オープン社内報

このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキ嬉しいです!!コメントももらえると嬉しいです!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!