見出し画像

未経験で、方向性も見えない。でも、クリエイティブに憧れています。【SUGOIの質問箱】

また、質問箱に質問をいただくことができました。超スローペースな人生を過ごすことになった20歳の女性からの質問です。

今回も、質問が来るたびに小躍りしているCOOのゆういちがこのnoteでお答えします。また、ラジオではメンバー全員で質問にお答えしていますので、そちらも合わせて聞いてください。(今回は残念ながら百乃はおやすみでした)

まずは、質問から見ていきましょう。

0421_質問箱


今回の質問を、簡単にまとめると、このような内容です。

ずっと「裏」で生きてきた20歳の女性がクリエイティブで表現をしたいと思っていますが、募集になにか制限はありますか?


「ずっと裏」ってどんな状態だろう?

裏表のある周りの人たちに馴染めないから、ずっと裏だったと表現されていますが、それってずっと裏だったとも言えるのかもしれません。

というのも、裏表のない代表の秋葉陽児も、裏表のある飲み会には全く馴染めていなかったのですから。

秋葉陽児がどれくらい裏表(オンオフ)の切り替えができないかは、こちらのnoteをぜひ読んでください。


SUGOIにも裏表があった

代表である陽児さんが裏表を苦手と感じているのは、きっと自分の会社にすら裏表があったからです。

ある飲み会で、陽児さんは「こんな茶番はやめよう、本音で会話しよう」と言い放ったことがありました。もちろん、その瞬間にその場は凍りつきました。その場にいたメンバーが、「そんなこと言ったってさ。。。」という顔で、陽児さんを見ていました。

そうなることがわかっていながらも、どうにかしたい、クリエイターとしてもっと本音で語り合える関係になろうと思っての言葉でした。

100人に1人かもしれない

その言葉を聞いて、このままじゃよくないな、社長という存在が孤立するなんておかしいと思って、私はこの場所をどうにかしたいと考えて動き始めました。

そこから色々と紆余曲折あった中で、今ではSUGOIは裏表のない職場、オープンキッチンとしての職場が出来上がっています。

陽児さんは、それもこれも、あの時にちゃんと表現したからだと考えています。(もちろん、言葉の選び方が下手で、みんなを怖がらせたことは申し訳ないと思っています)

とにかく表現をすること、伝えること。その中で、100人いて99人は「あいつなんだよ」って思うかもしれないけれど、1人は、「あ、そうだよね」って思ってくれる人がいるかもしれない。

だから、そうしたいって思うなら表現してほしい、勇気を持って。

こんな人も募集していますか?

SUGOIとして募集はずっとしています。(この結論までとても長かったですね)SUGOIの募集は経歴や国籍など一切不問です。それよりもあなたがどんな人か知りたいです。

だから、この質問だけで答えを出すよりも、ここからのプロセスを丁寧に歩みつづけたいと思っています。

よければ、こちらのnoteのリンクから連絡してみてください!


ぜひ、ラジオで聴いてください。

ざっくりと質問にnoteで答えましたが、まだまだ伝えきれてないこともありますので、ぜひラジオも合わせて聞いてください。

今回は、この質問を囲んで、SUGOIのメンバー3人で会話しているラジオはこちらです。質問に答えています。

ちなみに、メンバー構成は
陽児さん:CEO秋葉陽児・裏表が全くない
ゆういち:COO子守祐一・裏表を使い分けていた
めぐみ:学生インターン加藤恵美・裏表のないSUGOIしか知らない
この3人です


SUGOIでは、皆さんからの質問を募集しています。いただいた質問によっては、今回のようにラジオ・noteで取り上げてお答えしていきたいと思っております。

ぜひ、あなたの疑問・質問をクリエイターに問いかけてみてください。


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!