a yohakの和紅茶、9月16日に発売します!
見出し画像

a yohakの和紅茶、9月16日に発売します!

オフィシャルサイトを公開したのが、7月24日

発売が決定しましたとnoteを公開したのが、7月29日

そして、本当に発売を開始するとnoteを書いているのが、今日9月9日。サイトの公開から1ヶ月半が経過してしまい、待っていただいている皆さんには本当にヤキモキさせてしまいました。

お待たせしました。ついに、a yohakの和紅茶の発売を開始します。来週の木曜日、9月16日。その際には、またこのnoteにて販売開始をお知らせしますので、ぜひこちらへアクセスしてください。

みなさんに和紅茶を届けること、楽しみにしています。


ウェブサイトの公開からもこれだけ時間が経っていますが、そもそも、SUGOIがお茶を販売するという構想がスタートしたのは、もう3年以上も前のことでした。


「お茶って興味ある?」

ある案件の打ち合わせの帰り道、いつものように私と代表の秋葉は、今後のSUGOIについて色々と議論していました。

そんな議論の空白に突如、こんな質問を投げかけてきたのは、代表の秋葉でした。(彼はいつだって唐突です。)その時の私は、お茶のことで知っていることといえば、有名メーカーのお茶の名前くらい。今もまだまだ勉強中ではありますが、当時の私は、本当に何も知りませんでした。

当時のSUGOIで、お茶の販売どころか、コンシューマー向けのビジネスができるだなんて、誰も考えていなかったと思います。ただ、秋葉は、あの時点ですでに、お茶を販売する未来を考えていたのかもしれません。

こんにちは、あの時の雑談から実際にブランドを立ち上げるだなんて1ミリも想像していなかった、ゆういちです。かたや代表の秋葉は本気だったので、恥ずかしい限りです。

クリエイティブの会社のCOOとして、映像やウェブ、カタログなどの制作を進めながら、D2Cブランドの準備を進めてきました。構想段階から3年、ブランドの名前ができてから2年、お茶の生産農家さんとの出会いから1年。

今の時代のビジネスのスピード感からしたら、気の遠くなるような遅さです。変化の早い時代、先の読めない時代、不安定な時代といわれるなか、これほどまでにじっくりと進んできたブランドというのも珍しいのかもしれません。

しかし、これが私たちの実際のスピードであり、ここまでの最速だったとも思います。だからこそ、来週の販売開始に私たちはワクワクしています。みなさんに、新しいブランドの商品を届けることができることに、ドキドキしています。

そして、わざわざこんな晒す必要のない内情をお伝えできることもまた嬉しく思っています。それは、お涙頂戴でもなく、苦労したんだということを言いたいのでもありません。

時間をかけてでも、諦めずに進んでいけばたどり着けるということを見せたいのです。

クリエイティブの、toBのビジネスだけをやってきた会社が、消費者向けの商売をするだなんて馬鹿みたいなことをこうして実現できたことを、知ってほしいのです。そして、それは一瞬の思いつきでもなく、想像以上の時間がかかったことも、逆にいえば、時間をかけてしっかり歩んでいけば、たどり着けるということも、知ってほしいのです。

来週わたしたちは、第一弾の商品として、「問いって、いいな」setの発売を開始します。次は、きっとあなたの番です。スタートに迷っているあなたや、もしくは、長い道のりを模索している途中のあなたにとって、少しでもの力になれると嬉しいです。

最後になりましたが、やっぱりこれを言わせてください。
ぜひ、a yohakの和紅茶を買ってください。飲みやすくておいしい和紅茶です。

販売開始のsetの内容、「問いって、いいな」setについては、来週のnoteでお伝えします。楽しみにしていてください。


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキ嬉しいです!!コメントももらえると嬉しいです!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!