見出し画像

最高に切ない失恋ソングをカバーした映像を制作しました。

朝から晩までずっと楽しかった!そう心から思える撮影からおよそ1ヶ月。ついに、完成しました。

早く公開したくて、早く見てもらいたくて、ずっとうずうずしていたCOOのゆういちです。こんばんは。

ドライフラワーを歌って踊ってみた by 西野名菜


本編の後には、メイキングをたっぷりと公開しています。撮影の裏側で真剣なダンサーのお二人のやりとり。彼らと対峙するカメラの緊張感。そして、オフの瞬間の全員の和やかな笑顔。

本編だけでも、素晴らしいパフォーマンスと、最高の映像表現でできています。それに加えて、いろいろな場面を見れるようにしております。

ぜひ一度見てください。コメントもいいねもとてもうれしいです。遠慮せずにぜひ!


今回の動画で、西野名菜さんとのコラボも3回目となりました。回数を重ねるごとに、お互いの狙いや想いがより早く伝わるようになっていき、その結果、やりたいことをもっともっととお互いが貪欲に攻めていく姿が、カッコ良い関係性だと実感してます。

そのやりとりは、傍若無人でもなく、遠慮があるわけでもなく、お互いにリスペクトしているからこそ、より良いものを作りたいと思っているからこそ、できるコミュニケーションです。

今回の動画のあるシーンでも、カメラの動きとダンスの動きが、なかなか合わなくて苦戦したところがありますが、それでも全員、焦りはありませんでした。

これをあと何回かやれば上手くいく、今見えているものよりもいいものができる、と根拠もなく確信していました。そして、それは確かにできたのです。

それも、太陽のあたり方までも完璧なタイミングのものとなりました。


頑張れば上手くいくとか、努力すればいいんだよ、という言葉を軽々しく口にしてはいけないと思っていますが、それでも、全員がしっかりとやることをやり続け、これまでの信頼関係も積み重ねてきたからこそ、生まれたカットであり、映像となりました。

これからも、このコツコツを積み重ねて、より良い映像を作っていけるように頑張っていきたいなと、心新たにおもいました。

よかったら、コメント欄にて感想教えてもらえるとうれしいです!お願いします!!


医療系動画の撮影、2月22日月曜日

この日は、一日医療系の動画の撮影を行いました。お医者さんと一緒に、医療の内容をどうすればわかりやすく伝えられるか、その場でセッションしながら動画撮影を行いました。

かなり長丁場の撮影でしたが、いい撮影ができました。

祝日、2月23日火曜日

撮影の翌日が祝日でお休みなのは、とても助かります。案の定、体がうまくいうことを効かず、1日中ボーッとしてしまいました。

陽児さんの1on1、2月24日水曜日

この日は、毎月恒例の1on1を行いました。いつもと違うのは、今月は私ではなく、陽児さんが担当となってこと。

実は、SUGOIでは3ヶ月に1度、代表の陽児さんが1on1を行います。わざわざ社員の家の近くまで訪ねていって、ここ3ヶ月の話をします。査定でも評価でもなく、ただのおしゃべり。

私も正直なにを話しているのかあんまり知らないので、ちょっとソワソワする1日なのです。


文字起こしと編集作業、2月25日木曜日

この日は、月曜日に撮影した素材の整理や編集、文字起こしを進めていきました。

最近ではAIによって言葉を解析してくれるソフトもあるので、文字起こしが圧倒的に簡単になっています。こういった作業が、技術の進歩のおかげでなくなっていく代わりに、よりクリエイティブな思考が求められるようになっていく。そんな予感がします。

SUGOIng?、2月26日金曜日

午前中は、上野毛のスタジオの片付けをしていました。そしてお昼からは全員でSUGOIのアイデンティティとニーズ、そしてビジョンについて話し合いました。

SUGOIでは、毎月SUGOIng?として、会社のことを話し合っています。ビジョンや会社の想い、思考を固定することなく、毎月少しずつすり合わせながらアップデートしていく。そんな会社です。いつだって大切なことは思考停止しないことです。


以上、2月22日の週のSUGOIでした!

SUGOIの考えていること、感じていることを毎週土曜日に書いています。このコラムを通じて、SUGOIのことを少しでも知ってください。

またSUGOIでは、会社について、クリエイティブについて、採用について、あらゆる質問にお答えしております。こちらから是非お寄せください。


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキ嬉しいです!!コメントももらえると嬉しいです!
18
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。