見出し画像

小さな出会いを積み重ねて、「THANKS」

今から、10年後に、SUGOIはどんな仕事をしているだろう。どんなクリエイティブを発揮しているだろう。

そして、だれと一緒にいるだろう。

2020年9月、SUGOIの10期目が始まります。ここまで様々な人と出会い、支えられた時間でした。これからも、それは変わりません。

1度だけ仕事をした人も、くりかえし仕事をした人も、仕事以外で出会った人も、すれ違っただけの人も、だれ一人、欠けても、SUGOIはここまでたどりつけなかったと思います。

そして、これからもたくさんの人と出会い、一緒に仕事をしたりしなかったりするでしょう。

たくさんの出会いを積み重ねた先に、10年後のSUGOIがあるんだろう、そんなことを想像してもいます。


鬼もあきれるほどの未来の話をしても、妄想か夢かで終わってしまうに違いありません。だけど、その先への約束がないと、どこへも進めないのも確かな事実です。

そう考えると、SUGOIがここから10年後にたどり着いた時に、一緒に歩んでこれたことを、途中で出会えたことを、ちゃんと感謝し、そのつながりを大切にしたい、そう考えました。

それは、今までもずっと考えてきたことですが、それをより強く、深く自分たちの指針として10年先を見据えていきたいと考えたのです。


そのために、何かを形に残そうと考えました。感謝しています、つながりを大切にしています、そう言葉でしめすだけでなく、行動で表現しようと、考えました。

出会ってくれてありがとう、つながってくれてありがとう、またいつか会いましょう、そんな感謝の気持ちと束縛のしない約束を伝えるようなものを、作りたい、と。

形のあるもの、感謝を伝えるのに使えるもの、そして、ビジネスの文脈でも使用できるもの。この条件に当てはまるのが封筒でした。

オリジナルの封筒をつくって、感謝の気持ちを伝えよう。

そう思って始まったのが「THANKS」です。


オリジナルのクリエイティブを制作し、それを表にデザインしたのものが、「THANKS」の封筒です。

これを季節ごとに更新しつづけることによって、これからのSUGOIの足跡をしめすものとなります。

さらに大切なことは、このクリエイティブをSUGOIだけでつくるのでなく、いろいろな文脈で、出会った人たち、出会いたい人たちと一緒につくります。

そうすると、10年後に「THANKS」を振り返ったときに、出会った人たちとのつながりが形として残される、「しおり」のようになってくれると思います。


1年後で4つのしおり、5年後で20個のしおり、10年後で40個のしおり。どんな人たちと出会い、どうなっているのか、全く想像がつきませんが、それでも、この40個のしおりは全てがSUGOIにとって大切な「THANKS」の証になってくれると信じています。

10年も先の話なんて、不確実なものでしかないですが、それでも、季節ごとの小さな約束を積み重ねながら、その先までたどり着いてみたいと思っています。

2020年春から始まるTHANKSをお楽しみに。


SUGOIのnoteの更新情報はTwitterで


あと、5分だけください👉

愛とアイデアのあふれる世の中を一緒につくりましょう!
2
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。