見出し画像

過去の写真を一切つかわずに、99年という「時代」を表現するアイデア【マドラス株式会社 商品カタログ】

いまあるもので、「時代」を表現する

マドラス株式会社さんは、2021年に創業100年という大きな節目を迎えます。その100年を迎えるにあたって、前年の2020年に必要なことは、過去に乗り越えてきた時代を振り返ることだと考えました。

そこで出てきたテーマが「タイムトラベル」でした。

ファッションは、時代によっても地域によっても大きく変化してきました。この変化が大きければ大きいほど、それを乗り越えながら100年続いているという意味が強くなると考えたのです。

そのため、カタログには様々な時代の表現を凝縮して詰め込みました。

1920年代に女性のファッションの目覚めとなった艶やかなドレスから、2000年代に機能的な表現が好まれるようになって登場したミニマルスタイルまで。また、イタリアンクラシックと言われるゴッドファーザーに登場するような古めかしいスーツスタイルから、ビートルズとともに世界中を席巻したモッズスタイルまで。

これらのファッションを表現するために、衣装・小道具には徹底的にこだわりました。それと同時に、主役である靴をより際立たせて表現するために、スタジオでのカラーバックでの撮影という手法を選択しました。

このようにして、様々な時代・地域のファッションを一冊のカタログにおさめ、この100年を乗り越えてきたブランドであることを表現しました。

また、このカタログの制作と同時に、若者向けの「MODELLO」というブランドのカタログの制作も担当しました。ぜひ、ホームページにてご覧ください。

マドラス株式会社さんは、2021年で100年目を迎えます。この100年目を迎えるにあたって、いま新しい挑戦をされています。それが、クラウドファンディングです。

ウィズコロナの時代において、革靴メーカーが何をできるのか。真剣に向き合って生まれた商品です。ぜひ一度ご覧ください。

マドラス株式会社

あと、5分だけください👉

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
4
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。