見出し画像

雑談のためのトレーニング 僕らの学習帳 vol.119

「できていないことがわからない」人間は三流で終わり、
「できない」ことを知り、あきらめる人間は二流で終わるが、
できるまで、とことんやりきれる人間が超一流になれる

ここまでで、雑談の方法ややり方、重要性について話尽くしてきました。その上で、あと僕らがやるべきことは、雑談できるようになることです。

そのための雑談トレーニングをレベル別に紹介していきます。少しずつできるところから始めていきましょう!


レベル1:エレベーターで「何階ですか?」と聞く

まずは知らない人に声をかけるところから始めましょう。声が小さく弱くならないように、高めの声で、「何階ですか?」と。

レベル2:お会計のときに店員さんとひと言話す

これもまた知らない人に声をかける練習です。喜びを伝えたり、自分の好きを伝えたり。わざわざいう必要もない何気ないけれど、相手に喜んでもらえる一言を交わしてみましょう。

レベル3:混んだ居酒屋で店員さんをスマートに呼ぶ

ただの大声ではなく、より通る声での発声を意識してみましょう。

レベル4:アウェイの飲み会やパーティーに参加する

飲み会やパーティーはたいてい知っている人ばかりですが、雑談はやはり知らない人同士で話すときほど力を発揮します。その機会を増やすためにもアウェイに飛び込んでいきましょう。

レベル5:社内の苦手な人・嫌いな人と軽く雑談をする

苦手な人・得意でない人と話しかけて、共通点を見つけ出してみましょう。対話しようと努力をすることで、その嫌いにも変化が現れるかもしれません。

レベル6:インプットしたことを社内で話す、ウケる社内スピーチを考える

いい映画を見た、面白いことを知った、新しい知識がある、そう言ったことは何度も何度も話をして、その話の内容をブラッシュアップしていきましょう。話しながら、どんどんレベルアップしていきます。

レベル7:「謎かけ」を練習する

雑談を盛り上げるテクニックに「たとえばなし」があります。うまいたとえは、会話のスピードを一気に上げてくれます。その練習として「謎かけ」をやってみましょう。

レベル8:結婚式などフォーマルな場で、おもしろい乾杯のあいさつをする

もっともコミュニケーション力が試される場面の1つが、結婚式や葬式での司会・あいさつです。トラブルの対応や、場にあった話し方、緊張感。あらゆるハードルが設定されていますので、挑戦するチャンスがあれば、ぜひやってみてください。



今回の僕らの学習帳は、「超一流の雑談力」の第8章「今日から始める雑談トレーニング」から、お話ししました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひ聞いてください。

僕らの教室


僕らの放課後(youtube)


僕らの放課後(podcast)



僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!


あと、5分だけください👉

スキ嬉しいです!!コメントももらえると嬉しいです!
3
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

僕らの学習帳
僕らの学習帳
  • 118本

平日毎日更新の学習帳です。本の内容を解説する「僕らの教室」、その教室の内容についてトークする「僕らの放課後」この2つのコンテンツの内容をコンパクトに文字でまとめています。合わせて楽しんでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。