地方在住・育児中の主婦は、クリエイターのつながりを作れるのだろうか?【SUGOIの質問箱】
見出し画像

地方在住・育児中の主婦は、クリエイターのつながりを作れるのだろうか?【SUGOIの質問箱】

今回は、質問箱にいただいた質問に対してお答えしたいと思います。このnoteとラジオの2つでお答えしています。

まずは、いただいた質問からみていきましょう。

スクリーンショット 202115 22.57.02-01


ざっくりとまとめると、地方在住の主婦の方が子育て中という状況で、クリエイターのつながりを求めて動き続けているけれど、うまくいかない。

これは、地方だから無理、主婦だから無理、もしくは、ご本人のおっしゃるように人間力がないから無理、と諦めた方がいいのでしょうか、という質問です。


SUGOIが感じたのは、すでにこの人はいくつもの壁を突破しているということでした。フリーランスでデザイナーをされているということは、地方・主婦・子育て中というハンディキャップ(あえていうならば)を乗り越えて仕事をしているということです。

これだけでも、自分に自信を持っていいことだと思います。

さらに、質問者さんは、オンラインサロンに参加してみたり、異業種・同業種の交流会に参加しています。そして、うまくいかなかったと思うほどの失敗ができているわけです。

それは、つまり挑戦をしたということだと思います。交流会でもサロンでも大きく一歩踏み出さないと、踏み外すこともできないので、行動力・実行力はとんでもないものだと思います。

そんな質問者さんが求めているクリエイターのつながりってなんだろう?異業種交流会やオンラインサロンでも、デザイナーとしての仕事の中でも満たされないつながりってなんだろ?と考えてみると、それは、ギブアンドテイクを超えた「つながり」なのかもしれません。

そして、それはSUGOIにこうやって質問を送ってきてくれたおかげで、生まれつつある「つながり」だと思います。

だからこそ、もっと詳しいことを聞きたいし、質問者さんの求めている「つながり」が本当はなんなのかを知りたいと思っています。(もし、このnoteが目に止まったら、追加で教えてください)

それでも、端的にご質問に答えるとしたら、こうなります。

その「つながり」はSUGOIなら作れるかもしれません。そう思ってくれたから、こうして連絡をくれたのだと思っています。

ぜひ、これからも質問箱、snsなどで、よろしくお願いします。


さて、この質問を囲んで、SUGOIのメンバー4人で会話しているラジオはこちらです。地方と東京の違い、異業種交流会というつながり、行動力とは、などについて話をしながら、質問に答えています。

ちなみに、メンバー構成は
陽児さん:CEO秋葉陽児・静岡出身
ゆういち:COO子守祐一・兵庫出身
ももの:重政百乃・東京出身
めぐみ:学生インターン加藤恵美・福島出身
この4人です


SUGOIでは、皆さんからの質問を募集しています。いただいた質問によっては、今回のようにラジオ・noteで取り上げてお答えしていきたいと思っております。

ぜひ、あなたの疑問・質問をクリエイターに問いかけてみてください。


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

ありがとうございます!「本で遊ぶじかん」に遊びに来ませんか?
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!