見出し画像

ふと渡された花が見せてくれた、現場に溢れる声の正体。

声が、聞こえない。
照明の当て方で変わる表情の鮮やかさ、「暑くないですか?」の一言で緩む緊張の糸。しかもそうした変化には、前触れがないのです。大きな声で出される指示も小さな声で行き交う会話もなく誰かが動き始める。

「なぜだ…」

私には現場の空気が変わる理由が分かりませんでした。

「もしかして、みんなには聞こえて私には聞こえない声があるのかもしれない」

人生初の撮影以来こんな妄想をしながら、こっそりと現場の空気に怯え続けてきたSUGOI学生インターンのめぐみです。

私が現場に怯える理由。それは、多くの聞こえない言葉によって現場が進んでいくからです。撮影現場で交わされる言葉数は、普段仕事をしているときより少ない。しかしその分現場には、普段より多くの聞こえない声が存在するようにも思うのです。

例えば、演者さんがメイクを整えたりコートを脱ぐときや休憩から撮影を再開するとき。そうした現場の空気が変わる瞬間に前触れはありません。誰かが動き始めることで、空気が変化するのです。ただ、誰かが動き始める理由は存在すると私は感じています。それが先ほどから登場している聞こえない声、です。

そして聞こえない声を感じ、空気が変わるタイミングをよむことが撮影現場で動く上での一つのポイントでもあります。しかし、タイミングをよむことはなかなか簡単ではないと、今までの撮影で感じ尽くしてきました。

なんとなく”あ、ここかな?”と思い、「〇〇しますか?」と他のメンバーに聞くと「うーん今じゃないかな」となったり、逆に”ちょっと様子伺うか”と周りを観察していると「あ!〇〇お願い!」と言われたり。

”みんなあまり言葉を交わしている様子はないのに、どうしてそんなにタイミングがよめるんだ…”

現場での行動の決め手が分からずどうしようもない気持ちが、現場への怯えを生み出していたのでした。だから冷静に2ヶ月ぶりに撮影があると知って、正直楽しめる気がしなかった。いつものように「動けなかった」と反省する撮影後が待っているんじゃないか。

しかし実際は、違いました。なぜか怯えずに、楽しく撮影を終えることができた。理由は単純です。言葉が見えたからです。聞こえないはずの声が見えたんです。

声が見えたきっかけは、ゆういちさんから花を渡された時でした。

「これ、曲の途中で演者さんに渡してね」

そう告げられて花を託されたものの、その時の私は演者さんの動きや立ち位置を把握できていませんでした。なぜなら、撮影場所に到着したのはその5分前。リハーサルの様子を見ていなかったから。

「分かりました」と花を受け取りつつも内心、”え、どこでどう渡せばいいの?!”と混乱していました。そうしているうちに、「始めます!よーい、スタート!」という声が聞こえ始まった音楽。

”えええ、どこに動けばいいの?!左?右?”とおどおどしているのに、この時の私にはどこからか、謎の自信が湧き出ていました。

とりあえずゆういちさんを見れば、なんとかなる!

とにかく、ゆういちさんを見ました。じっと、じっと。そしたらふとゆういちさんの言葉が飛んできたのです。

「左側で渡して!」

目が訴えるメッセージが伝わったのか、花を渡すポイントが近づいても動かない様子を見かねたのかは分かりません。しかし私の混乱は確かにゆういちさんへと伝わったように見えました。そして同時に、こんな予感もしてきました。

”もしかして、現場では目で伝え合うメッセージが大切なんじゃないか”

自分自身が目でメッセージを届けようとしたこと。そして、ゆういちさんがそのメッセージを受け取ったように見えたこと。だけど今まで自分は他の人の目を見てメッセージを受け取る余裕がなかったこと。起きたことを思い出すほど、その予感は強くなってくるのです。

”今日の撮影は、みんなの目を見てみよう。声を、感じてみよう”

そうして過ごした目を見る1日。想像を超える声が見えてきました。

手に持っているものが邪魔そうだなぁと見えて荷物を預かったり、1人で運べなくはないけど大変そうという荷物を一緒に運んだり、コートが暑そうな時にスルッと手を伸ばしてみたり。

目で見えた声をもとに動けることがこんなにもあるなんて。同時に、今までそうした声が見えなかったことを思い出すと、自分は不安だった。だから現場に怯える気持ちも分かる。今まで現場で感じていた気持ちの原因が一つ解きほぐされたようで、進むほどに心がほっとする感覚さえ生まれる1日でした。


私はもう、現場は怖くありません。声を聞きたいなら、目を見ればいいと分かったから。次の現場ではどんな声を見れるんだろうと、今の私はわくわくしています。

以上、今週の『ど素人インターンがみたクリエイティブカンパニー』でした!

このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!