見出し画像

NikeのD2C化の道のり 僕らの学習帳 vol.059

教室と放課後では、大手ブランドがD2C化するために必要なことをお話ししていますが、学習帳では、実例に沿ってお話ししていきます。

D2C化している大手ブランドの代表格がNikeです。

大手ブランドがD2C化するための第一の関門が、組織内の意識改革ですが、Nikeはそれを"Nike Direct"という組織を新しくつくることで、突破しようとしています。

従来のブランド内の組織を変えるのではなく、新しくつくってしまうという方法です。そうすれば、組織内の文化もある程度は、新しく作りなおせるので結果的に効率的かもしれません。


そのほかにも、小売の販売チャネルを整理して、Nikeの世界観を実現できる40社にしぼり込みました。もともとの小売のパートナーの数が30000だったらしいので、1000分の1にまでしぼり込んでいます。

まさに、厳選です。さらには、Nikeの直営店の展開も進めています。


また、D2Cで必要なのがテクノロジーの駆使ですが、アプリへの移行もNikeは進めています。スマートフォンアプリケーションの改善を続けていき、現在、2億人弱ものユーザーがいるのです。


その結果、Nikeの売り上げの約3分の1が、Nike Directによるものになっているというのです。

この数字の裏には、組織を新しくつくり、かつてのパートナーとの交渉を行い、しぼり込み、さらに、デジタル化を進める。そこには、人事・教育・渉外・社内調整などあらゆるタフなことがあったに違いありません。


そのようなあらゆる痛みを超えてでも、世界トップブランドのNikeがD2C化を果たそうと考えたことは、ある意味で象徴的な事例かもしれません。

まだまだNikeの取り組みも、進行中のものではありますが、今後のビジネスにおいて、D2Cの重要性をあらわしているとも思えます。



今回の僕らの学習帳は、「D2C 「世界観」とテクノロジー」で勝つブランド戦略」の第5章「D2Cを立ち上げる」の後半から。(D2Cとは、Direct to Consumer(顧客への直接販売)という業務形態を表す言葉です)

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひご覧ください。

僕らの教室


僕らの放課後(youtube)


僕らの放課後(podcast)



SUGOIの最新情報は、twitterをご覧ください。


僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!
(教室・放課後は、記事の最後のリンクからご覧ください。)



あと、5分だけください👉

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
4
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

僕らの学習帳
僕らの学習帳
  • 118本

平日毎日更新の学習帳です。本の内容を解説する「僕らの教室」、その教室の内容についてトークする「僕らの放課後」この2つのコンテンツの内容をコンパクトに文字でまとめています。合わせて楽しんでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。