見出し画像

お金をもらったところで、やる気が出ない理由 僕らの学習帳 vol.006

仕事をすればそれに応じた報酬がもらえます。そして、その仕事をより頑張ってもらうために、会社ではボーナスや成果報酬なんてものを取り入れているところもあります。

これだけの仕事をしたら、ボーナスアップ、給与アップ。なんてことも最近では当たり前のことになりました。

そして、これが当たり前になりすぎたところに潜んでいるのが、「インセンティブ」の迷信です。


どういうことかというと、クリエイティブな仕事とインセンティブの大きさ、つまり、報酬の大きさには、相関関係が見られないというのです。

そもそも、このインセンティブという考え方は、工業時代に生まれたものだと言われています。そして、このインセンティブがなぜ生まれたのか、というと、その時代の仕事が「つまらなかった」からです。

工場での労働などを想像してもらうとわかると思うのですが、工業時代の労働は、基本的に同じことの繰り返しであり、労働者と労働の内容に直接的なつながりが見られないものが、一般的です。

そういった仕事は、働いている人のモチベーションが、どうしても下がりやすくなってしまいます。この下がりやすいモチベーションを、上げるために、労働の中身ではなく、外側に作り出そうとしたものが、インセンティブです。


このような歴史を持っているインセンティブだからこそ、工業時代の次の時代の仕事、クリエイティブな仕事とはどうしても相性が悪くなってしまうのです。

金銭的な報酬を単純に増やすことが、クリエイティブの質をあげないのだとしたら、どうやったらクリエイティブの質を上げれるのか。


その答えは、結局、その人本人が持っています。
(身も蓋もない結論ですが。)


そのため、グーグルやフェイスブックをはじめとしたいくつかの企業は、営業時間の一部を、従業員の好きなプロジェクトに取り組んでいいというルールを設けています。

その時間は、従業員が、好き勝手に、挑戦してみたいプロジェクト、上司に却下されたプロジェクト、成功確率が低すぎるプロジェクト、お遊びみたいなプロジェクトに、没頭できるのです。

こうすることで、本人のやる気を刺激するモチベーションを産むことができ流のです。そして、それは、もちろん一般に信じられているインセンティブを与えるよりも、よっぽど価値のあるものを生み出すのです。



今回の僕らの学習帳は、「どうしてあの人はクリエイティブなのか?」の第6章「インセンティブ」の迷信から、お話ししました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひご覧ください。

僕らの教室


僕らの放課後(Youtube)


僕らの放課後(podcast)


SUGOIの最新情報は、twitterをご覧ください。


僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!
(教室・放課後は、記事の最後のリンクからご覧ください。)


あと、5分だけください👉

愛とアイデアのあふれる世の中を一緒につくりましょう!
2
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

僕らの学習帳
僕らの学習帳
  • 74本

平日毎日更新の学習帳です。本の内容を解説する「僕らの教室」、その教室の内容についてトークする「僕らの放課後」この2つのコンテンツの内容をコンパクトに文字でまとめています。合わせて楽しんでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。