(このイベントは終了しました)【読書会のご案内】「わかりにくい」に立ち止まる時間が、不足している私たちへ。
見出し画像

(このイベントは終了しました)【読書会のご案内】「わかりにくい」に立ち止まる時間が、不足している私たちへ。

「わかりやすい」が褒め言葉だということに誰も反対しないと思いますが、いつから「わかりやすい」って褒め言葉になったんでしょう?

こんな面倒くさいことを考えるのが、次回の本で遊ぶじかんのテーマです。

周りを見渡してみれば、もしくはテレビをつけてみれば、できるだけわかりやすく作られたテレビ番組、新聞やチラシ、説明書などなど。

私たちは、わかりやすいに囲まれて、それを当たり前かのように生活しています。わかりやすさの罪にも気づかずないまま。


次回、12月16日水曜日の19時から開催の「本で遊ぶじかん」
扱うのは、「わかりやすさの罪」です。


「エンタの神様」では誰もがわかるように、コントの内容が字幕に翻訳されて、わかりやすい泣き所を4回用意した映画が予想通りにヒットして、というふに、私たちは日常から「わかりやすい」をシャワーのように浴び続けています。

そして、違和感を覚えることもありません。「わかりやすい」とは良いことだと考えています。

それもそのはずで、情報の量はものすごいスピードで増えていき、それを1つ1つ点検する時間も、味わう時間も、摂取する時間もありません。

私たちにできるのは、食べやすく料理されたものを、美味しくいただくだけ。そして、気に入らなければ、それを捨てれば良いだけ。これは私にはわかりにくい、わからない、と。


それを繰り返してきた私たちが住んでいるのは、私にとって「わかりやすい」だけを大切にして、私にとって「わかりにくい」を見ないフリする社会です。

そんな「わかりやすい」に満たされた社会が、私たちの生活にどんな影響を及ぼしているのか、それを一緒に考えてみたいです。


忙しい毎日、わかりにくいことなんて相手にしてられないよ、って思う人こそ、みんなで「わかりやすい」の罪と、「わかりにくい」の価値を話してみませんか?


ぜひ、「わかりにくい」に一緒に飛び込むじかんに遊びに来てください。初めての方も、いつもの方も、久しぶりの方も、大歓迎です。

日時:12月16日(水)19:00〜(開場18:50)
開催場所:東京都世田谷区上野毛3-13-8 秀和上野毛レジデンス102号室
参加料:2,000円
決済方法:下記のpeatixでチケットを購入
参加人数:5人〜最大15人


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!