見出し画像

好印象を一瞬で獲得する声 僕らの学習帳 vol.112

三流は、出会った瞬間に悪印象を与える
二流は、記憶や印象に残らない
一流は、最初の一分で「忘れられない人」になる

人の印象や評価は、会話が始まってから最初の1分。長くても4分で決まることが、さまざまな研究でわかっているそうです。

そうすると、まずはこの1分で、相手に「信頼できる」「好き」と思ってもらう必要があります。その最初にいい印象を持ってもらうことで、それ以降の会話も好意的に受け取ってもらえます。

そのために、最も簡単で効果的な方法は、声です。


出会って開口一番、大きな声、元気な声で、「よろしくお願いします!」「おはようございます!」と挨拶するだけで、印象は一気に良くなります。

こういったいわゆる「体育会系」的な発想が敬遠される風潮ではあることはわかっているのですが、だからこそ、この元気よく挨拶ができるというのは、とても大きな価値になってきます。

さらに、声の高さにも意識してみてください。音痴でもなんでもいいので、まずは、「ドレミファソラシド」と言ってみてください。自分の中の「ドレミファソラシド」の中の、「ファ」と「ソ」の高さ。この高さで、声を出すように気をつけてみてください。

ちょうどいい高さの声は、明るい、元気良い、快活である、喋りやすいというメッセージを送ってくれます。


何も言わずに信頼してくださいというのは無理だし、信頼をすぐに勝ち得るようなコバナシを用意するのも難しい。そんな中で、最も簡単な方法が、この元気よく少し高い声で挨拶をするです。

それだけで、一気に相手の脳に記憶されるはずです。これだけでいいのであれば、絶対にやったほうがいい秘訣です。ぜひやってみてください。



今回の僕らの学習帳は、「超一流の雑談力」の第1章「「超一流の雑談」のはじめ方」から、お話ししました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひ聞いてください。

僕らの教室


僕らの放課後(youtube)


僕らの放課後(podcast)



僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!


あと、5分だけください👉

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
2
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

僕らの学習帳
僕らの学習帳
  • 118本

平日毎日更新の学習帳です。本の内容を解説する「僕らの教室」、その教室の内容についてトークする「僕らの放課後」この2つのコンテンツの内容をコンパクトに文字でまとめています。合わせて楽しんでください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。