反省という名前がよくなかっただけなんだ
見出し画像

反省という名前がよくなかっただけなんだ

こんにちは。モモノです。

今週から、モモノが1人で書く、「今週のSUGOI」です。いざ、全部を自分が書くのか!と思うと、ドキドキしています。でも、毎週楽しく書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

毎日、「モモノ反省日記」を書いていましたが、名前を変更しようと思います。「反省」って、マイナスなイメージですよね。そして、5日間、反省、反省、、、、、と続くと、なんか毎日怒られてる人みたい。なんて、あまりイメージが良くないですよね。

もともと、「モモノは、合格点を出すのが、はやすぎる」というのがありました。なので、これからは1日の中で、今までだったら「ちょっとダメだったね。でも、他がすごくよかった!」だったり、「そんなこともあるよ。次がんばろーっと。」くらいで、過ぎていったいた出来事に、1度しっかり目を向けて、向き合って成長していきたい、という思いで、書いているパートです。全くマイナスなことではなくて、私の中ではとてもプラスなことなのです。

なので、名前を変更しようと思います!ですが、まだいい名前が決まっていないので、「モモノ日記」にします。いい名前が思いついたら変更しますね。毎日の気付きを、私の成長の種を見逃さないように大事にしていきます。


さて、ここからは今週のSUGOIの1週間をお送りします。怒涛の撮影・編集・納品!の7月を抜けて、少しだけ一息をつけた感じです。ここからは、a yohakだったり、ブランドムービーだったり、SUGOIのウェブサイトだったりとを、ガンガン進めていきます。


今週のa yohak、8月1日日曜日

「a yohakな人」の1人目が決まりました。これから色々と準備して、販売できるところまで準備を進めないといけません。ですが、毎週少しずつ前に進んでいるa yohakを、今後とも暖かく見守って頂ければと思っています。


新しい企画へ、8月2日月曜日

・もう、2022年の話をしています
靴のブランドさんの次の企画が始まりました。2022年の春夏の企画です。アパレルブランドさんはどこもそうだと思うのですが、春夏物を冬くらいに撮影し、秋冬物を、夏くらいに撮影します。撮りたい内容と、季節が逆転してしまうのです。かんかん照りの暑い感じで撮影したいのに、周りは紅葉していて・・・なんて、よくある悩み事です。どんな企画にするのか、社内で話し合いを進めています。

・キャンプの動画が間もなく完成です
前週に行ったキャンプ撮影の動画の編集が進んでいます。もともと、7月中旬に撮影予定だったのですが梅雨の影響で撮影日が伸びてしまったのです。すぐに公開したいと、クライアントさんの要望もあり、超特急で編集しました。最終の調整を社内でしています。間もなく公開です!

・a yohakの準備
グリーンエイトの北條さんが、東京に出店されている、とのことですので、ヨウジさんとゆういちさんでお話をしに行きました。販売に向けてどんな形で販売をするのかの最終確認です。また、1歩、販売に近づきました。

・モモノ日記


企画書を作成していた時のこと。クラウド上で、ヨウジさん・ゆういちさんと3人でそれぞれ分担して企画書作成の作業を進めていました。私は企画書に入れ込む写真入れていました。とりあえず、たくさん。

でも、打ち合わせ前にゆういちさんが修正してくれた企画書は、写真の枚数が減っていたのです。そして、1枚1枚が大きく表示されていました。断然見やすいし、イメージがしやすい。そこまで、私は気遣いが出来ていませんでした。私が入れた写真は、似てる写真も複数枚入っていました。

見る相手のことを考えられてなかった。少し考えたらわかることなのに。そして、私がやる作業なのに、他の誰かの手間を増やすことにもつながりました。とりあえず入れよう、の1歩先。少しの気遣いで見る相手も、一緒に作業している相手にも、優しい。全員に優しくなりたいです。まずは、考える癖をつけないといけません。そこからはじめます。


ホームページつくってます、8月3日火曜日

・SUGOIのホームページ制作しています
note1本でオフィシャルサイトとしてやってきましたが、別でホームページを作ることにしました。その準備をみんなで進めています。写真撮影もしました。全員での写真と、プロフィールで使用する個人写真と。新しい試みで、カメラの横に鏡を置いて、リモコンで自分でシャッターを切って、そのあとで、誰かがカメラマンとしてシャッターを切る。どちらが良く撮れるのか、それぞれ個人差がありました。間も無く、公開ですのでお楽しみに。

・モモノ日記


また、受け身になっていたことを書きます。サムネイル制作をお願いされました。画像の中に、どんな文字を入れるのか、どんな写真を使うのか、何も決まっていません。「モモノ、やってくれる?」に対して、頭の中で「じゃあ、文字は?写真はどんなの?」と、全部相手に聞きそうになっている自分がいました。

どうしても上からくる指示を待ってしまう 私が消えてくれません。最近、よく言われるし、多く考えることがあるから、言葉にすることはありませんでした。(ここの点に関しては、成長できていると、自分を褒めることにします。笑)でも、やっぱり、そもそも、そんな思考が出てこないくらいになりたいです。主体性をもって行動できるようになりたい。

自分で決めることに、不安があるから、他人に頼ってしまいます。下手なものを出したくないから。1番最初から、すごいモノを見せて、わあ、すごいね。さすがだね。と思われたいから。どれも必要ないことはわかってます。そう、いらないの。でも、そこを捨てられない。

でも、意識して変わってきていることがあるように、出来ないって決めつけないで、変わる努力をしようと思います。


最後まで気を抜かず、しっかり納品、8月4日水曜日

・カタログ納品です!
ずっと制作していたカタログが、完成しました!このカタログに関わってくれた人たち、モデルさんはもちろん、カメラマンさん、スタイリストさん、ヘアメイクさんに感謝の気持ちとともに、完成したカタログをお送りする準備をしました。1人ずつ、気持ちを込めて封筒に入れていきます。

・youtubePARKの編集も進めてます
先日撮影した編集を、ヨウジさんが進めています。映像の全体を粗く編集して、その後、モモノが引き継いで編集しています。順番にリレーみたいに編集していくのが、最近のSUGOI スタイルです。

・僕らの学習帳を公開しました
今回の僕らの学習帳は、7月の本で遊ぶじかん2で扱った「喪失学」から。喪失とどう向き合うのか。そこに正解はありません。ぜひ、この記事を読んで、考えてみてください。


・モモノ日記


画像作成の時のことを書きます。何度も社内で確認していた時のこと。こっちがいいかな、いや、こうかな。ってみんなで意見を言い合います。それに対して、私が作業して、社内へ送る。そうやって作品が出来上がっていきます。その中で、基本中の基本のことが、出来てない私がいました。今まで何度も言われてきたことです。また出来ていなかったんです。そして、これは、1つ前の段階では、気にしていたことでした。そう。忘れていただけでした。

ヨウジさんからきたSlack。「細かくて、本当は言いたくないんだけど、ここは、嫌われる勇気を・・・赤字で、示したポイントを修正しよう。」嫌われる勇気を持って言ってくれました。そして、「モモノには、この手のデザインは信頼して預けたいです!」とも。言いづらいけど、指摘してもらったんです。でも、どうしても心からのありがとうございます、が出なかったです。

出来ていないことが悔しかったし、出来るはずのことが、出来ていない。指摘されたことに対して、情けない気持ちでいっぱいになりました。情けない、悔しい、言われたくなかった。自分で気付きたかった。なんて負の感情で溢れていきます。でも、そうじゃなくて、その言葉をすっと受け入れられるようになりたいです。受け入れられない自分を、受け入れるところからです。


a yohakの取材日でした、8月5日木曜日

・a yohakのインタビューしました
1人目の「a yohakな人」は、SUGOIの代表、ヨウジさんです。メンバー全員でヨウジさんとお話しました。何年も一緒にお仕事していますが、初めて聞くお話も多く、今回も、a yohakの独特な空気感を味わいました。

まだ、何人かにしかお話を聞いていませんが、どの人も特別な時間を感じます。その人にズッポリハマっていく感覚、と言うのでしょうか。これから、記事の準備をして、はやくみなさんにお見せできるように、準備していきます。

・ど素人インターンのnote公開しました
完璧にやらなきゃ!と思うと、怖いです。責任感で押し潰されそうになります。でも、「1人が完璧に」ではなく「チームでいいモノができたら、それでいい。」そう気付けた、めぐみの記事です。


・モモノ日記


1ヶ月に1度の1on1の日です。ゆういちさんと2人で近況について話す時間の中で、大切なことがあったので書きますね。私は、基本的に人と比べて○○だ。と、他人と比べて生きています。そして、誰かに認めて欲しいとか、褒められたいとか。私じゃない「誰か」に頼って生きています。でも、そうではなくて、自分がこんな風に生きたい、を基準にして生きていきたいな、と。

前日の日記に書いたことだと、私は出来ていない所を指摘されて、悔しかったんです。でも、それって、「相手に良いように思われたい」「出来ないと思われたくない」から始まっています。だから、ヨウジさんに言われて、「こんなところでミスする、モモノだと思われたくなかった!」で、悔しかったんです。ミスをする私を受け入れられない。隠したい。この気持ちが大きいんですね。

別にカッコつけてるつもりなかったんですけど、これは、カッコつけていたんだなってすごく感じた1on1でした。弱さを出すと、それに甘えてしまいそうで、自分にとても甘いのは自覚しているので。そうならないように、必死で隠していたんですね。自分の出来ないところ・カッコ悪いところを全部隠して、ないことにして、自分のいいところだけを好きだ!って言っていました。いいところも、悪いところも、全部ひっくるめて、自分のことが好きです!って言えるようになりたいです。

だから、このnoteに書く、自分の弱さとか、ダメなところとかも全部受け止めて、考えて、ちゃんと向き合っていきます。そしたら、もっともっと自分のことが好きになれそうです。

月に1度の「SUGOIng?」、8月6日金曜日

・9月の本を選びました
9月の「本で遊ぶじかん2」の本を選びました。先月から、全員で1冊ずつ選んでそれぞれでプレゼンしています。そのラジオの収録も続いて行いました。また、公開したらお知らせしますね。そして是非、聞いてもらって、どれが読みたいかのコメントお待ちしております!

・SUGOIng?
月に1度のMTGの時間です。本当は月末に行うのですが、7月末は撮影が山盛りだったので、予定変更で8月1週目に。SNSのことだったり、noteの内容だったり、SUGOIのこれからについて話し合いました。まだまだ止まらないSUGOIです。これから公開のものがたくさん控えてますので、公開したら、または、近くなったらみなさんにお知らせします。

・モモノ日記


MTGの時に、ヨウジさんが言いました。「私に、ここを任せてほしい。得意だから。でも、こっちは、みんなにお願いしたい。」誰にでも、得意不得意があります。当たり前です。だけど、私は、「ここは苦手です。お願いしたいです」って、今までハッキリと言えてたのかな。いや、言えてなかったかな。

以前にも、ヨウジさんが言ってくれたことがあります。「モモノは、〇〇が得意なんだから、こっちは無理してやらなくてもいいんじゃない?」SUGOI の中で、みんなそれぞれに、得意不得意があって、お互いに補い合って、いいモノにしてきました。今、こうやって振り返って、思い返すと、本当にこれだと思うんです。「出来る私をみてほしい」
今までの私が、ハッキリものを言えない時は、決まってカッコつけていたのかもです。

別に、今日、初めての出来事ではありません。いつも、ヨウジさんは包み隠さず、話してくれています。でも、今日のあの言葉は、いつもと違うように感じました。それは、前日の日記で書いたことがあったからです。「相手に良いように思われたい」「出来ないと思われたくない」そんな自分をはっきりと認識したからです。ちゃんと逃げないで、自分と向き合って、表に出せるようになりたいです。


以上、8月2日の週のSUGOIでした!

SUGOIの考えていること、感じていることを毎週土曜日に書いています。このコラムを通じて、SUGOIのことを少しでも知ってください。

また質問箱では、皆さんの質問に答えています。仕事のこと、クリエイターのこと、キャリアのこと、どんなことにも真剣にお答えします。質問お待ちしています!!


この記事が参加している募集

私の仕事

オープン社内報

このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

あなたのスキに感謝です。youtubeもよかったら見てください!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!