弱い者がとるべき戦略とは? 僕らの学習帳 vol.154
見出し画像

弱い者がとるべき戦略とは? 僕らの学習帳 vol.154

戦略には2種類あるとはよく言われることです。それが、強者の戦略と弱者の戦略です。

強者の戦略は至ってシンプルです。戦えばいい、それだけです。強いのだから、戦えば勝つ、勝てばさらに強くなり、また勝つことができる。これを繰り返していけばいいだけです。

体格・能力が圧倒的に優れている生物や物量が豊富にある企業の戦い方がこれにあたります。

それに対して、弱者の戦略とは、「選択と集中」です。

弱者が同じように強者と戦ってしまうと負けてしまいます。そして、生物の世界での負けは、死を、絶滅を意味します。

そこで生物は「選択と集中」という戦略をとります。ここだけでは負けないというオンリーワンでナンバーワンになる戦略をとるのです。

どういうことか。生物が生き残るためには、生活空間とエサ資源の2つが重要です。他の生物に脅かされることのない安全な生活空間を確保した上で、自分たちが生き残るためのエサを獲得することが必要となります。

そのためには、この空間では負けない、このエサ資源の取り合いでは負けないという弱者の戦略が必要となります。

たとえ、他の生活空間やエサ資源の取り合いで負けても構いません。そこのスペースは他の生き物に譲ればいいのですから。しかし、自分が確保しようとしているところでは負けるわけにはいきません。

その生活空間とエサ資源を選択し、エネルギーをそこに集中させる。そんな戦略をとります。これが生物の戦略であり、弱者戦略です。

そして、この戦略はビジネスの上でも間違いなく適応されます。大企業やグローバル企業が大規模な物量で攻めてきたときに、同じ土俵に上がってはいけません。

それよりも、この部分だけは死守するという場所を見つけ、そこに全エネルギーを集中させなければいけません。これが弱者の戦略であり、選択と集中です。



今回の僕らの学習帳は、8月の本で遊ぶじかん2で扱った「ガラパゴス・イノベーション」からお話ししました。podcastとstand.fmでは、このテーマについて、SUGOIのメンバー4人で話をしています。さらに考えるきっかけに、ラジオをぜひご覧ください。

また、SUGOIでは毎月読書会「本で遊ぶじかん2」を開催しています。誰でも参加できて、読書もできて、しかも、楽しい議論ができる読書会です。

興味のある人は、ぜひこちらのnoteのマガジンをご覧ください。


この記事が参加している募集

note新エディタ

このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

ありがとうございます!「本で遊ぶじかん」に遊びに来ませんか?
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!