(このイベントは終了しました)【本で遊ぶじかんのご案内】7月15日水曜日の19時から、コロナショックのあとの中国の行方
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

(このイベントは終了しました)【本で遊ぶじかんのご案内】7月15日水曜日の19時から、コロナショックのあとの中国の行方

7月15日水曜日の19時、第19回「本で遊ぶじかん」を開催します。
テーマは、「中国が世界を撹乱する」です。


この1冊は、現在進行中のコロナウィルスの影響も踏まえながら、中国がこの先どのような振る舞いをして、どのようなポジションを獲得していくのかが書かれています。

たとえば、こんな疑問を持ったことないですか。

・かつてのメイドインチャイナという悪い響きがいつの間にかなくなったのはなぜ?
・いまの中国はどんな国で、どんなふうに進歩しているの?
・アメリカと中国はなぜいつも喧嘩しているの?
・歴史で習う中国はだいたいが強い存在で、支配者・覇者という雰囲気だったのに、いつの間にか衰退してしまったのはなぜ?
・中国で進んでいる信用経済というものはどんなものなのか?
・アリババって名前はよく聞くけど、どんな会社なの?

お隣という地理的にはとても近い国なのに、なぜかよくわからない国。その中国がこの先どのような存在になっていくのか、そして、それが日本にとってどのような意味を持つのかも考えていきたいと思います。


「本で遊ぶじかん」の楽しさは、ひとりでは読まないような本を読むことができること。それと、やはり、みんなで一冊の本について語り合えること。

特に、SUGOIには香港人のカルンもいます。日本人からみた中国、歴史から見た中国、香港人から見た中国。そして、この本で描かれている中国。

いろいろな中国を見比べてみながら、その姿をもう一度考えてみる時間にしたいと思っています。ぜひ、中国という存在、未来について一緒に考えるじかんに遊びに来てください!!


日時:7月15日(水)19:00〜(開場18:50)

開催場所:東京都目黒区青葉台3-15-15 BUENA CASA 青葉台 302
※Peatix経由でご連絡をすることがありますので、Peatixのメールを受信できるように設定しておいてください。
参加料:2,000円
(下のpeatixサイトからご応募ください。)
参加人数:5人〜最大15人


SUGOIのTwitter更新情報はnoteへ


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキ嬉しいです!!コメントももらえると嬉しいです!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!