見出し画像

僕らはどんな未来を望むのか? 僕らの学習帳 vol.045

この本のプロローグでは、プロメテウスが世界を支配する物語が描かれていました。そこでは、汎用人工知能(AGI)と呼ばれる人工知能が誕生し、人間の知能を超えた存在が世界を支配していました。

このAGI(人間と少なくとも同程度に認知課題をこなす能力を持つ存在)は、筆者の考えでは、いつか(近い未来)誕生します。

そして、人間レベルのAGIが誕生してしまうと、次は、そのAGIを使って超知能を作ります。(超知能とは、人間レベルをはるかに超えた知能のこと)

その人間レベルをはるかに超える超知能を使って、世界を支配する。

このシナリオが、絶対に起こらないとはいえない時代に僕らは生きているというのです。


このシナリオで検討すべきポイントは、たくさんあります。

たとえば、この超知能を誰が操っているのか?(独裁者や全体主義国家なのか、民主主義者なのか)
超知能自身が目的をもつとしたら、どんな目的を持つのか?(人類の支配か、人類との共存か)
この超知能は、1つしか発明されないのか?もしくは、多極的に世界中で発明されるのか?

誰が、なんのために、どのような規模で、超知能を開発するのか。これに関する答えは全くわかりません。


しかし、考えてほしいのは、そもそもこの問題は事前に知ることができるかどうかはわからないことの方が普通かもしれません。

スマートフォンが発明される前に、アップルが、世界的な規模でアイフォンを発売するだなんてことはわかっていない人の方が多かったに違いありません。

しかし、それと同時に、電話がこのようになったら便利だと、有益だと、未来が面白くなるという議論はいろいろな場所で起きていました。

つまり、僕らがどんな未来を望むのか、という議論です。
だからこそ、AGIや超知能の誕生が、僕らに何をしてくるのか、というような受身的な考え方は間違いだ、と筆者は主張します。


そうではなくて、あらゆる可能性を検討しながら、どんな未来を望むのか。
その答えを僕らは見つけなければいけないのです。



今回の僕らの学習帳は、「LIFE3.0 人工知能時代に人間であるということ」の第4章「知能爆発?」から、お話ししました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひ聞いてください。

僕らの教室

僕らの放課後(youtube)

僕らの放課後(podcast)

SUGOIの最新情報は、twitterをご覧ください。


僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!


あと、5分だけください👉

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
2
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。