人生に過去も未来もない、踊れ!!【5月の本で遊ぶじかん2】
見出し画像

人生に過去も未来もない、踊れ!!【5月の本で遊ぶじかん2】

人生に意味はない。そんな極端な考え方を素直に受け入れられる人ってどれくらいいるのでしょうか。

少なくとも自分の人生には何かしらの意味がある。生まれてきたのだから、そこに価値はあるはずだ。そう信じたいのが、人情というもののはずです。

そんな人情、もしくは、人の弱さを一刀両断するように、人生に意味はないなんて言われたら、耳を塞ぎたくなっても仕方がないものです。

それでも、アドラー心理学では人生に意味はないと言い切ります。さらに、未来なんてない、過去もないと言い切ります。

ここまで言われるともうどうしたらいいのかわからなくなりますね。

こんな常識に反する人生論を教えてくれるのが、あのベストセラー「嫌われる勇気」です。

さて、過去も未来もない、つまり現在しかない人生に意味がないとしたら、私たちはどうすればいいのでしょうか?

答えはシンプルです。「踊る」です。

ここまでくると、もう訳がわからないを通り越して、面白くなってきませんか?アドラー心理学では人生とは踊るものであり、ダンスするように生きなさいと言われます。

まず、アドラーの考える人生とは、線ではありません。過去から現在を通り未来へ向かって、線を描く。それが人生というもののイメージではないでしょうか?

しかし、アドラーはその線をもっと凝視しなさい、というのです。細かく細かく、つまりミクロにその線を観察すると、どんな線も小さな点の集合体です。

この点、これが人生です。

点には、前も後ろもありません。あるのは、「いま、ここ」の瞬間である一点です。それ以外は存在しない。それがアドラーの考える人生です。

だから、過去なんて関係ないのです。過去に何があろうと、「いま、ここ」には関係ありません。未来のことなんて心配する必要ないのです。「いま、ここ」に集中するしかありません。

この「いま、ここ」に集中すること、そしてその瞬間を真剣に生きること、これをダンスすると表現しているのです。

つまり、私たちがやるべきこと、それは、「いま、ここ」でやるべきことに集中して、それをやりなさい。それだけです。

昨日の失敗を引きずる必要もありません。過去の自分に惑わされる必要もありません。未来のことを心配しても意味がありません。未来がどうなるかばかり考える必要もありません。

「いま、ここ」で踊るべきダンスを踊りましょう。


そして、このダンスを踊る時に、一つだけ注意点があります。それは、真剣に、しかし、深刻にはならずに、です。

このダンス大丈夫かな?もっとダンスをしないとダメだ。ダンスなんかやってていいのかな。そう深刻になるのは、まだまだ現在に集中できていない証拠です。

そう、「いま、ここ」意外考えられなくなるくらい真剣に踊り続けましょう。そして、踊り続けた後に、あなただけの人生の意味が生まれてきます。それは踊る前にも踊っている最中にもわかりません。誰にも。

あなたが踊ることで初めて生まれる意味です。さあ、踊りましょう。


今回の読書会「本で遊ぶじかん2」では、この嫌われる勇気をみんなで読んだのですが、この踊るということがどれくらいできることなのか。どんな踊りをしたらいいのか。それぞれが考える踊りとは?なんて具体的な議論まで行われました。

毎月開催している「本で遊ぶじかん2」は読むだけでなく、さらにそれを深く議論し、考え、問いを持つきっかけにもなる読書会です。ぜひ一度遊びに来てください。

次回の本で遊ぶじかん2は、こちらのリンクからお申し込みできます。


本で遊ぶじかん2で扱う本は、皆さんの意見・コメントから選んでおります。ぜひ、こちらの動画を見て、どの本を読みたいか、気になるか教えてください!


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

ありがとうございます!「本で遊ぶじかん」に遊びに来ませんか?
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!