見出し画像

撮影を通じて成長していくチーム 今週のSUGOI(2020/6/1の週)

こんにちは、COOの子守です。撮影続きの1週間で6月が始まりました。

初のリモート撮影、6月1日月曜日

ラジオ収録から始まる1週間でした。今回は、「入門インテグラル理論」という本を扱いました。インテグラル理論について学べば学ぶほど、大人になるために、成熟するために必要な考え方だと強く思いました。

「全ては正しい、ただし部分的に」なんて深い話をしています。公開までお楽しみに!

ラジオのあとは翌日の撮影準備をしました。撮影準備のあとに、残っていたカルンと秋葉さんと3人で雑談。他人の仕事へのジェラシーや成功とは何かなんて話をしました。ジェラシーをどんな時に感じるのか。どうやったら感じずにいられるのか。。。


上野毛でのリモート撮影、6月2日火曜日

朝から撮影の1日。プロダクトの撮影を、コツコツと丁寧に進めていく。そんな中でも、気さくな雰囲気が途切れないのが、とても素敵でした。

とくにカルンと百乃が二人で、全ての撮影を進めていって、目の前で見ていて頼もしさしか感じなかったです。

ちなみに、力也はリモートで別の作業をしていました。場所や距離というものが、チームにとっての障害ではなくなってきていると感じます。

リモートワークとしても撮影チームとしても、どんどん成長している感じが、最高です。


誰一人として置いていかないぞ、6月3日水曜日

撮影前日。夜のパークとのテレカンで、インスタグラムについての話になった。いい議論ができた。

そして、全体と大きな方向性で進めようとする私に、ストップをかけてくれるカルン。少しでもストレスを感じるなら、それは良くないよ、と。

ああ、なんて最高の議論ができるんだろう。百乃と力也もそれぞれの考え方、チームへの解釈の話をしてくれる。誰も不満はない。ないけれど、それ以上のより良い選択肢を探そうとしてくれる。

これ、幸せって言えるやつですね。感謝。


新しい撮影チームのスタイル、6月4日木曜日

撮影2日目。お昼に集合して、プロダクトの撮影をしました。SUGOIというチームでの撮影が、今まで以上にスムーズに、そして、クオリティの高いものになってきている感じがしました。

それぞれが、役割を見つけながら撮影に挑んでいるのはとても素敵だな。なんてたって、誰がディレクターではなく、全員で考えて全員で決める。そのうえに、スピードも早い。

とてつもないチームになれそうな予感がしました。


カルンの存在が大きいなぁ、6月5日金曜日

撮影最終日。朝からモデルさんとのスタジオ撮影。この撮影の3日間を通じて、カルンという存在の大きさを実感しました。それは、カメラマンが社内にいるなんてファンクションの話ではなくて、彼という人間が与えてくれた影響の素晴らしさ。

SUGOIの中心となる、力也、百乃、カルンの3人のPARKが、新しい可能性を開いていくきっかけとなった1週間でした。


以上、今週のSUGOIでした。今週もお疲れ様でした。

今週のインスタライブでは、SUGOIであったことをよりわかりやすくお話ししています。

インスタのフォローもお願いします!

この記事が参加している募集

オープン社内報

愛とアイデアのあふれる世の中を一緒につくりましょう!
5
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

今週のSUGOI
今週のSUGOI
  • 7本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。