ビジョンとミッションを実現するための6つの価値観【SUGOIのバリュー】
見出し画像

ビジョンとミッションを実現するための6つの価値観【SUGOIのバリュー】

株式会社SUGOI  愛とアイデアのある会社

普段の生活を離れて「旅」に出たときに気づかされるのは、私たちがいろいろなことを選びながら生きているということです。

どの宿に泊まるのか、どんな食事をするのか、どこで休憩し、どこで遊ぶのか、どこでお金を使い、どこで使わないか、どの道を歩くのか、どこに向かうのか。

旅に出た私たちは、あらゆる場面で選択を迫られます。

この選択をするときに、基準となるものが自分が大切にしているもの、価値観です。

これは仕事でも同じことです。ビジョンによって目的地を定め、ミッションによってそこに向かうスタイルを決めます。

しかし、それだけでは日々の行動に迷いが生じてしまいます。ビジョンからぶれずに、スタイルを維持するために必要なものが、価値観です。

この旅を通じて、つまり、日々の仕事の中で、何を大切にしたいか、です。
SUGOIが大切にしたい価値観、バリューがこちらです。

VALUE(価値観)
Loveー安心・安全な場所をつくる
Wholenessーかっこつけずに、弱さをさらけ出す
Enjoyーあらゆることを楽しむ

Ideaー相手の想像を超える勇気をもつ
Identityー何かに帰属せず、自分と向き合う
Futuringー流されることなく、未来を描く


Loveー安心・安全な場所をつくる

SUGOIでは、メンバー全員がとにかくしゃべります。打ち合わせでも、雑談でも、悩みも、家族のこともとにかくしゃべります。しゃべり続けます。

それいいね、そういう考え方もあるね、面白いね、それでもいけそう、どんな発言も受け止めます。否定や逆接の言葉から、いいクリエイティブが生まれないことを全員が知ってるからです。

大切なことは、ここにいてもいいんだという安心・安全な場所をつくることです。これが、Loveです。

どんなふうにLoveが発揮されているかは、インターンめぐみのnoteを読んでください。

Wholenessーカッコつけずに、弱さをさらけ出す

あるとき、COOゆういちが大きなミスをおかしました。COOがミスをすることほどカッコ悪いものはありません。そのミスに対してSUGOIはどうしたか?

全員で話し合いました。なぜそのミスが起きたのか、なんでそんな失敗をしてしまったのか、どこで止めることができたのか。ミスを議題にあげてあらゆるところから語り尽くします。

カッコつけることはやめて、弱さをさらけ出す、シェアする。できればそんなこと、されたくないと思います。恥ずかしいし、辛いし、痛みを伴うことです。でも、それが、より安心できるチームをつくることにつながる。これが、Wholenessです。

COOゆういちがその時のことを赤裸々にnoteにしています。ぜひ読んでください。

Enjoyーあらゆることを楽しむ

ビジネスの世界では、競争原理、勝敗、奪い合いが当たり前です。その証拠に、戦争用語がそのままビジネス用語になったものが多くあります。

あの企業を倒したい。今期の戦略はこれでいこう。この武器があれば勝てる。このような言葉が飛び交うビジネスの世界の中で、矛盾しているかもしれませんが、私たちは戦わないことが大事だと思っています。

それよりも、楽しむ、遊ぶこと。それは、楽をする、ふざける、いい加減にするとは違います。何よりも、楽しいと思って働くこと、遊ぶかのように没頭して仕事をすること。この楽しむことで、いいものができると考えています。これが、Enjoyです。

このEnjoyの精神は、お昼ご飯を食べる時にも発揮されています。ただのランチでさえ、私たちはこんなふうに楽しんでいます。

Ideaー相手の想像を超える勇気をもつ

言われたことをそのままする。指示されたことだけを考える。こんな仕事の仕方では、いつかAIにとって変わられてしまうでしょう。

クリエイティブとは、言われたこと、言われなかったこと、指示されたこと、指示されていないこと、その全てを考えて、想像して、そこからすべきことを実行することです。

それは、相手の指示を越えることがあります。枠からはみ出ることもあります。もしかしたら、徒労に終わるかもしれません。それでも、相手のことを考えぬいて、本質とは何かを問い続けて、するべきだと結論が出たのであれば、するべきです。

相手のために考えたことへ、勇気を持って踏み出すこと、バカにされても実行すること、前へと進めること。これが、Ideaです。

インターンめぐみが、この本質を探しながら企画書を作り上げた時の話をnoteに書いています。ぜひ読んでください。

Identityー何かに帰属せず、自分と向き合う

SUGOIでは、誰かと比較した自分らしさよりも、のっぴきならない自分自身を見つけることを大事にしています。

COOのゆういちが実施している採用での面談の時でも、なぜあなたはこの仕事をしたいのか、そこにあなたがそれをする理由は何なのかを探し続けます。

自分についての答えは、自分しか持っていません。誰も提示してくれません。誰かに従うのでもなく、誰かの指示を待つのでもなく、誰かの後ろをついていくのでもなく。

自分と向き合い、のっぴきならない自分と出会うこと。これがIdentityです。

このアイデンティティについては、ぜひ代表ヨウジのnoteを読んでください。

Futuringー流されることなく、未来を描く

のっぴきらない自分(Identity)と出会うことができたら、次はどこに向かっていくのかを考えます。

SUGOIのビジョンと照らし合わせて言えば、どんな「SUGOI」と出会いたいのか、どんな「愛とアイデア」が生まれる瞬間をつくりたいのか。これを考える必要があります。

SUGOIはいつだって、未来を予測するよりも、自分たちのありたい未来をつくりたい、そう考えています。これが、Futuringです。

自分たちの未来を考える、どう進もうか問い続ける。そんな姿勢が、この代表ヨウジのnoteに表れています。ぜひ読んでください。


以上、Loveー安心・安全な場所をつくる・Wholenessーかっこつけずに、弱さをさらけ出す・Enjoyーあらゆることを楽しむ
Ideaー相手の想像を超える勇気をもつ・Identityー何かに帰属せず、自分と向き合う・Futuringー流されることなく、未来を描く

この6つが、SUGOIのバリューであり、私たちが日々の行動するための価値観です。


SUGOIのビジョン「「SUGOI」でつながる、愛とアイデアが生まれる」については、こちらの記事を読んでください。

SUGOIのミッション「つくりものをつくらずに、つくる」については、こちらの記事を読んでください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!

このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキ嬉しいです!!コメントももらえると嬉しいです!
株式会社SUGOI  愛とアイデアのある会社
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!