見出し画像

YouTube出演が決まったけど、実は人前で話すのが苦手な方へ。YouTubeに出る時は、2つの勇気を振り絞るといいかもしれないという話。

SUGOI学生インターンのめぐみです。

先日、人生で初めてYouTubeに出ました。
YouTubeデビューは、毎週月曜に会社のYouTubeチャンネルで配信している『SUGOIが考えるクリエイターの本当のこと』

「今日のクリエイターの本音ラジオ、出てくれない?」
COOゆういちさんのこの一言で足を踏み入れてみたYouTube。

私は、人前に出る、脚本に沿って話すことが苦手です。
だから正直、ゆういちさんに声を掛けられてから今まで、”誰かに向けて話をするって楽しいな!”とは思えていません。

ただ同時に芽を出したのは、”届けたい誰かを想像して話すのは楽しそうだな”という小さな野望。

その芽に気付いた時から、「これを育てたら、いつかYouTubeを楽しめる日が来る?」なんて、YouTubeにちょっとだけわくわくできるようになりました。

もし過去に戻れるなら、
思いがけずYouTube出演が決まった私へ「苦手だとわかっていても、やってみたらいいことあるかもよ!」と伝えたい。
そしたら、もう少し前向きに、初めてのYouTubeを楽しめたかもしれない。

あわよくば未来の誰かが、
初めてのYouTubeや届けたい誰かを想像するドキドキを少しでも楽しめるように。

こんな妄想をしながら、初めてのYouTubeで私が振り絞ってみた2つの勇気を書いてみようと思います。

1%のモヤモヤを見逃さない勇気

YouTubeの配信前、一緒に話をするゆういちさんからこんなことを言われました。

「話のスピード感をつけるために、対立するテーマで話をしよう」

「めぐみは納得できないことだと、話にスピードが出るよね。逆に話し相手に同意しちゃうと、スピードがなくなる」

まさに、ゆういちさんの言う通りで、私はいい意味で対立し続ける、つまり自分の主張を話し続けることが苦手です。

例えばA、Bどちらかに決める話し合いをするとき。
自分は直感的にAと思っても、他人の「〇〇と言う理由でBがいいと思う」という発言を聞くと納得して、自分のAがいいという主張を口に出す前に、「Bにしよう」と言ってしまう。

たぶんYouTube配信でも、何も意識しなければすぐに折れるいつもの自分が出てくるはず。
だから、本番では以下の感じで、あえてちょっとだけ納得できないところを指摘し続けてみました。

「業界分析、もちろんした方がいいけど…しなくても生きていけます!」
「いや、それをする理由はちゃんとあってさ…」
「うーん分かる。けどちょっと納得できない。やっぱり私はしなくても生きていけると思います!」

やっているうちは、しつこすぎるかなとか、喧嘩腰になっていないかなとかいろいろ心配でした。

が、終わって自分で会話を聞いてみると、普通の会話になっていて驚き。

”テレビとかYouTubeのようなコンテンツとしての動画では、大袈裟と疑う気持ちを一旦置いておこう”

面白いことを言おうとしなくても、話しているうちに1%でもモヤモヤが湧き出てきたら、ちゃんと拾って言葉にしてあげる。

つまり、あえてできる自分を演じない勇気と言えるかもしれません。

嫌いな姿を直視する勇気

配信翌日、話し方や内容を冷静に振り返ろうと、アーカイブ動画を見てみました。

しかし、動画を見終わるのにかかったのは丸3日。
なぜなら、自分の声と話している様子を聞く・見ることがしんどくて、何度も見るのを辞めてしまったから。

なんとか動画を見始めても、

”抽象的な話が多くて、言いたいこと分かるようで分からないな…”
”回りくどい言い方だから、もっと分かりやすい表現を使って欲しい…”

と、聞き手として目につくことが山ほど出てきて、落ち込むばかり。

一方、他人に伝わりやすい話し方・伝え方をするためには、自分を第三者的に見るのが一番の近道かもしれないと考えるようにもなりました。

つまり、話しながらもう一人の自分を近くに置いておく。

そんな聞き手の感覚を身につけるトレーニングには、話している自分を撮影して見返しながら、気になるポイントを洗い出すことが有効だと思います。

多少嫌な気持ちでも話し手の自分と向き合う勇気の先に、新たな自分のヒントがあるはずです。

でもやっぱり、苦手は苦手なままかもしれない

2つの勇気とまとめたけれど、正直YouTubeに出ること、話すことはまだモヤモヤの真っ最中です。

でも、苦手を溶かすきっかけだと、信じたい自分もいる。

だからもう少し、両方の気持ちと一緒に進んでみようと思います。
進んでみた先の話は、またどこかで。

以上、今週の「ど素人インターンがみたクリエイティブカンパニー」でした!

あと、5分だけください👉

あなたのスキを励みに、毎日更新続けます!!
3
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。