見出し画像

会社全員でキャンプに挑んだ、今週のSUGOI(2020/6/22の週)

こんにちは、COOのゆういちです。今週はキャンプの撮影を行ってきました。(個人的には人生初キャンプでした。)


百乃の寂しさを忘れない、6月23日月曜日

百乃と今月のおしゃべりPARKをしました。(SUGOIでの1on1ミーティングの名前をおしゃべりPARKと名前を変えてみました。通称:おしゃぱー)先週の怒涛のミーティングと議論とディスカッションを混ぜ合わせた長時間のZOOMにかなり疲れたようで。

つながっていない時の様子を把握することはできないことを、改めて思い知らされた。できることは見ることでも把握することでもなく、次同じようなことがあったら、伝えるという約束をすることだけだった。

それでも、約束があるだけで違うと信じられるチームでありたい。

そのあとは、みんなで案件の撮影プランを練り上げて、順調に進んでいった。夜は、note経由で連絡をくれた人とお話をしました。自分たちの進んでいることが間違いでないことを感じさせてもらえる貴重な出会いでした。


本で学ぶじかんトライアル、6月24日火曜日

カルンとおしゃべりPARKで、先週の議論のいろいろの話をしました。ディレクターは必要かどうか、プランをどうするか、などいろいろな話をした。そして、結局、お互いの考え方に大きなズレはなく、ただ現状をどうよくできるかを考えているだけ。

その結論にたどり着けてよかった。外国人だろうが、違う文化を持っていようが、ちゃんと話せば伝えられるんだ。

夜は、みんなで本で学ぶじかんのトライアルのために、オンライン読書会を行いました。取り上げたのは、細谷功さんの「抽象と具体」。これまた、いい一冊のおかげで、チームの共通言語がまた増えました。


僕らの教室の撮影できず、6月25日水曜日

この日は昼から僕らの教室の撮影。撮影スタジオへ移動しました。その途中で秋葉さんから連絡が。「カメラを忘れました。」と。笑っちゃいました。

急遽、撮影をキャンセルして、スタジオで集合して翌日の撮影の準備や、オンラインサロンなどの内容を詰める打ち合わせの時間に変更。

どういう発信を、どういう意味でやるのかを考える時間が取れました。突然の空いた時間が、未来への投資時間となって、有意義なものに。

パークの3人は翌日のキャンプでの撮影に向けて機材のチェックや準備を進めてくれていました。音声、カメラ、制作グッズ、あらゆるものの準備をやってくれていて頼もしい限りです。


キャンプ1日目、6月26日木曜日

朝から準備をして、キャンプ場での撮影に行ってきました。1日目のこの日は、ロケハンに行ってきました。撮影の準備、コンテの確認をずっと行っていました。

その一方で、このキャンプというものを受け入れれない自分がバレてしまいました。恥ずかしいくらい、キャンプという環境に馴染めず、怖い、どうしたらいいか分からない、コントロールを失っているという感情に襲われ続けました。

最終的には完全に締め切ったテントの中でこれを書くことで、ホームを見つけた時に安心できました。

その一方で、秋葉さんと力也と百乃は、とてつもなくキャンプを楽しんでいて精神力と胆力が違うと圧倒されました。すごいなぁ。


キャンプの撮影、6月27日金曜日

この日の朝は、みんな6時くらいには起きていました。自然の中での朝はとても早くて気持ちいいですね。それぞれが散歩をして、自然を満喫していました。

さて、肝心の撮影は、10時から14時までで予定通り進んで行きました。今回の映像は、後日youtubeにて公開の予定となっております。またその時にはお知らせしたいと思います。

キャンプ撮影が終わった後は、みんなで昼食をいただき、東京まで帰ってきました。帰りの車内では全員がくたくたになってしまっていました。それでも、いい撮影ができた満足感と、この後の編集の方針の話し合いなどもできた良い時間でした。


以上、今週のSUGOIでした。今週もお疲れ様でした!



この記事が参加している募集

オープン社内報

あと、5分だけください👉

あなたのスキに感謝です。サークルもよかったら見てください!
4
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

今週のSUGOI
今週のSUGOI
  • 26本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。