見出し画像

「たいていのことは100日あれば、うまくいく」って言ったら信じてくれますか?

石の上にも三年、桃栗三年柿八年など、昔から何かをやり遂げるのには、長い時間が必要と言われてきました。そして、何かを長く継続するということは、間違いなく大事なことです。

その一方で、人生100年時代なんて言われるような時代に、何か1つのことを100年続けなさいと言われてもちょっと困ってしまいますよね。そこまで人生を賭けるつもりはないのだけれど、と尻込みしてしまうことも。

もしあらゆることが、3年経たないと、8年続けないと何もできないのだとしたら、本当に根気のある人しか何もできなくなってしまいます。

そのために、こう考えてみたらどうでしょう?

深く追求するために、長年継続していきたいものと、とりあえず100日で挑戦してみたいもの。この2つを分けて考えてしまうのです。

そして、この100日チャレンジの方法をわかりやすく解説してくれていたのが、今回の「本で学ぶじかん」の課題図書でした。

100日デザインとは何をするのか。それは、100日を次のような期間に分けてデザインします。

①計画期間(1週間)
計画を立てて、最終のゴールまでをイメージする期間

②助走期間(1〜3週間)
基本的な動作を定着させるための期間

③ゴールデンタイム期間(3〜4週間)
一番集中して取り組む時間

④総仕上げ期間(3〜4週間)
これまでの努力をブラッシュアップする期間

⑤バッファ期間(1〜2週間)
思うように進まない時のゆとり時間

①計画期間(1週間)

文字通りの期間です。ここではできる限り具体的に目的と目標を決定して、それに向けての計画を立てていきましょう。

そしてその計画表をいつでも見れるようにしておくことが大切です。この記事の最後に、計画表のテンプレートを用意していますので、ぜひ活用してください。(この本を参考に作成しました)

②助走期間(1〜3週間)

ここでは計画を達成するために、立てた計画を実行できるかどうかを少しずつ試していきましょう。

どんな計画にしても今までやってなかったことをやることになると思います。その行動や生活がどれくらい実行できるのか、それを確かめながら目的に向かって進み出していきましょう。

③ゴールデンタイム期間(3〜4週間)

計画を始めて20日くらい経ってくると、新しい習慣にも慣れてきて、目的に向かって進むことが楽しくなってきます。

この楽しくなってきたところに、一気にガソリンを注いでください。この期間は少しオーバーワークになるくらいでいいので、楽しんで行ってください。ここでうまく走りきれるかどうかが、かなり重要になってきます。

ポイントは、楽しい、もっとやりたい!という自分の気持ちに素直になるkとです。

総仕上げ期間(3〜4週間)

ここまでの努力を、最後の最後にブラッシュアップしていく期間になります。ダイエットならよりきれいな体になるために、どうするのか。資格試験ならより合格の可能性を上げるために、どうするのか。

そこを考えて、目標達成へむけて、より確実にしていく時間となります。

⑤バッファ期間(1〜2週間)

ここまでの計画をどれだけ入念に立てたとしても、うまくいかない方が当たり前です。体調がよくない時もあれば、予想外の予定が入ることもあれば、気分が乗らないこともある。

いつだって全力で走りきれる人の方が少ないです。そのためにも、バッファの期間を作っておくことがとても重要となっています。

このように、100日を5つの期間に分けて、チャレンジを進めていきましょう!

100日チャレンジをやってみようと思った方は、ぜひこの本を読んでみてください。もっと詳しく100日チャレンジで抑えるべきポイントなどを説明してくれています。

この本で紹介されている100日チャレンジ計画表のエクセル(ナンバーズ)をつくってみたので、ぜひ活用してください!



そして、一人ではこんなチャレンジできないよ!って人は、ぜひ一緒にチャレンジしましょう!!
CO-ENのメンバーと一緒に、100日チャレンジを実施しています。

CO-ENメンバー募集中!

この本の内容を下敷きに、それぞれやりたいことについて話をして、今ではスラックチャンネル内に、100日チャレンジ企画も始まりました。

この「本で学ぶじかん」は、SUGOIのnoteのサークル「CO-EN」限定で行っております。興味のある方は、サークルをぜひ覗いてみてください。

ただいま、コロナで影響を受けている学生さんのために、会費を学生限定で半額にしております!ぜひ遊びに来てください。

あと、5分だけください👉

ありがとうございます!「本で遊ぶじかん」に遊びに来ませんか?
7
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。

こちらでもピックアップされています

本で遊ぶじかん
本で遊ぶじかん
  • 33本

SUGOIで実施している読書会、 「本で遊ぶじかん」についての記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。