1年半つづけているnote proが好きなので、エバンジェリストになります(非公認)
見出し画像

1年半つづけているnote proが好きなので、エバンジェリストになります(非公認)

「SUGOIさんってnoteを長いこと続けておられますよね?」

その一言で、これまでの一年半がフラッシュバックしたと言っては大袈裟かもしれませんが、それでも、あぁ長くやっている側になるんだなぁと勝手にしみじみしていました。

こんばんは、noteのことが好きすぎる、SUGOIのCOOゆういちです。何かといえばnoteの話ばかりするので、アカウント名を「子守note祐一」に改名するように勧められています。(さすがに恥ずかしい)

SUGOIでは2019年の10月からnote proアカウントの運用を開始しました。というか、コーポレートサイトをnote proに完全移行しました。

当初は、会社が潰れたと勘違いされてしまったり、何度検索してもnoteのページにしかいけないんですという相談がきたり、さらには、社内のメンバーからも反対されたりなんてこともありました。

今でこそ笑い話になっていますが、当初は1回1回へこんでいたものです。

そんな不遇の時を越えて、SUGOIといえばnoteというものが少しずつ浸透してきているおかげで、noteがコーポレートサイトであることも理解してもらえるようになってきました。

そんなことを実感させてもらえたのが今週の水曜日に開催されたnote pro限定イベントのミートアップでした。


ミートアップとは、毎月、いろいろなテーマをもとにゲストスピーカーをお呼びして開催しているイベント。個人的にめちゃくちゃ楽しみにしているイベントです。

4月のテーマは「noteクリエイターと交流して、アカウントのファンを増やそう」でした。このテーマだけでも面白いのですが、今回からはnote proのアカウント同士で交流する時間も作られていました。

今までのゲストスピーカーさんから話を聞いて、質疑応答を行うというだけでもタメになっていたのに、さらに、note proアカウント同士の横のつながりが生まれるだなんて、ありがたい限りです。

いくつかのグループに分かれたそのセッションパートでは、私はnoteを始めたばかりのある企業さんとお話しすることができました。

そこでかけていただいたのが、冒頭の言葉です。確かに1年半も継続して本気でnoteをやり続けている(完全に自社運用で)というのはとても珍しいのかもしれません。

自社で運用しているからこそ、ノウハウは自分の頭の中にあるし、そこにある想いについては、この心に入っているし、まさに身も心もnoteに染まった人間なのです。

そんなSUGOIとして、この時は、人事についてや採用についてnoteをどう活用しているのかの質問に、時間の限り答えていました。その答え一つ一つを本当に喜んでくださっているのが感じられて、とても嬉しくなりました。

あぁ、今まで自分たちが進めてきたことに、こうやって価値を感じてくれる人がいるんだ。そんなことを教えてもらいました。

自分たちがやってきたことに自信を持っていいようなそんな気がした。いや、させてもらった瞬間でした。

こんな感情をくれたnote proのイベント、そして、一緒に話をしてくれたみなさんに感謝です。

今回の一件で気づけたのは、もしかしたら、私たちSUGOIが歩んできたこの1年半のnoteさんとの歩みを知りたいと思ってくれる人がいるかもしれないということでした。


そこで、SUGOIのnoteの運用方法・体制や採用広報の考え方、なぜnoteにしたのかなどに興味がある方は、お気軽にお声がけください。私の知っている範囲のことであれば、喜んでお話しいたします。

声の掛け方は、twitterのDMでも、ラインのオフィシャルアカウントでも、SUGOIへのお問い合わせでも、どれでも大丈夫です。気軽な方法を選んでください。

・ゆういち(子守祐一)のtwitter
・SUGOIのラインアカウント(私が返信します)
・SUGOIのお問い合わせフォーム

少しでもお力になって、一緒にnoteの街を盛り上げていけたらうれしいです!!


さて、今週のSUGOIはゴールデンウィーク前の追い込みの1週間でした!

有給のCOOと納品前の作業、4月26日月曜日

・有給のCOO
久しぶりに母親とゆっくりお昼ご飯を食べました。こんな状況下だと、なかなか会えないので、こうしてご飯を食べるのも、あと何回あるのだろう、と考えてしまいますね。

・納品データが揃いました
4月に納品する映像データが全て揃いました。この納品についてもクライアントさんからは、大変喜んでいただけました。作品の良さに喜んでもらえるのはもちろんのこと、SUGOIというチームと一緒にものづくりを進めたことを喜んでもらえるのが、何よりもうれしい限りです。

ロケハンカタログ、4月27日火曜日

・来シーズンのカタログのためのロケハン
緊急事態宣言中ということで、かなり行動を制限しながら、ロケハンに行ってきました。

ロケハンでは、毎回、太陽の位置や角度、周りとの距離感。実際のモデルさんの場合の身長をイメージしながら、ロケハンの写真を撮影していきます。ロケハンといいながら、本番と同じような頭の使い方をしておくことがポイントです。

ちなみに、ロケハン中に、通りすがりのおじさんに「面白い髪型しているね」と話しかけられました。笑

・a yohakな人との打ち合わせ
ロケハンのあとには、a yohakな人として座談会に参加してもらう方と打ち合わせを行いました。緊急事態宣言が解除された後に、a yohakな人の問いや考えについてお話しする流れが、かたまりつつあって、ドキドキワクワクしています。

・本で遊ぶじかん2のレポート記事を公開しました
4月の本で遊ぶじかん2では、「アロハで猟師、はじめました」を読みました。その中で特に印象に残っている、お金という便利すぎるものについて書きました。

記事の最後には、「嫌われる勇気」をオンラインで読む次回の紹介もありますので、ぜひご覧ください。

ちなみに、この記事は、note編集部のおすすめに掲載してもらいました!

0428_note編集部_今日の注目記事


1on1でおしゃべりとnote proイベント、4月28日水曜日

・主体性について、恵美との1on1
朝の国分寺で、恵美と1on1をしました。テーマは「主体性」。彼女曰く、十分に主体性が持てていないんじゃないか、と不安になることがあるとか。ちなみに、学生インターンのはずの恵美は、snsの運用を誰にも言われずともドンドンと進化させ、自分なりに工夫をしながら仕事を進めます。

たまに、私さえ知らない工夫をしていて、驚かされるほど。それほど主体性があるからこそ、まだまだと思ってくれているんだと感じて、そのままで大丈夫。いま届くかもしれないと思っているその距離感を少しずつ詰めればいいよ、と伝えました。

・頑張りについて、百乃との1on1
百乃と話をしたのは、頑張っていることがどれだけ周りに伝わっているかということでした。どうしてもリモートだと自分の頑張りが伝わっていないように感じてしまうものです。

その感覚のズレが起きているとトラブルになったり、ストレスになったり。そんなことから大きな問題にならないように、どういうコミュニケーションを取ればいいのか、という話をしていきました。

・note pro ミートアップ
今月のnote proのミートアップは、パナソニックさんのコンテストでユーザーさんとコミュニケーションする方法についてでした。今までで一番と言ってもいいほどの参加者で、自分ごとのようにウホウホと喜んでいました。

また、今回から導入されたユーザー同士のセッションでは素敵な会社さんと出会うことができたので、それもまたうれしい偶然でした。

・ど素人インターン恵美の記事
写真を撮ることについて。自分がどんな写真を撮っているのか、その写真の撮り方について、自問自答しているその様子がありありと浮かんできます。

ちなみに、私の鈍感ぶりが暴露されていて恥ずかしい限りです。。。


祝日、4月29日木曜日

・おやすみの一日
おやすみながら、代表の陽児さんとブランディングの動画制作について、その営業方法についてお話しをしました。自分たちのスタイルを改めて言語化していきました。

・僕らの教室、公開しました!
編集をmac book airでやっていたら、なかなかうまく進まず、夜中のアップになってしまいました。。。。今週からは、「アロハで猟師、はじめました」がテーマです。

今回お話ししたのは、働くことと生きること、お金を稼ぐことと生きることの関係性です。お金が稼げなくなったら辞める、そんな仕事の仕方はしたくない、という筆者の主張について、皆さんはどう思いますか??


4月のSUGOIng?、4月30日金曜日

・何時間やったんだろう?SUGOIng?
今月のSUGOIng?では、4月に納品した案件の振り返りや、行った撮影、進んだプロジェクトの状況を確認していきました。

なかでも、大きなところが、モリかアミかの議論でした。自分たちはアミ打ちのような営業方法、お客さん、ユーザーさんとの出会いはできないだろう。それには、人手も規模も資金力もない。

それなら、モリを持ってちゃんとこの人と思って狙いすましていく方がいいのではないか?そんな仮説を立てて、自分たちがやるべきアクションを考えていきました。

これについてはまた具体的な話を別の機会に進めていきたいと思います。楽しみにしていてください!

・僕らの学習帳を公開しました
かつて世間をおお騒がせした堀江貴文さんの買収騒動を覚えていますか?ニッポン放送とフジテレビの奇妙な親子関係を利用した買収劇でした。

そこに絡んだ村上世彰さんと堀江貴文さんは、検察に目をつけられてしまうことになるのですが、一体あの結末はなんだったのか?

その答えはぜひnoteを読んでください。


以上、4月26日の週のSUGOIでした!

SUGOIの考えていること、感じていることを毎週土曜日に書いています。このコラムを通じて、SUGOIのことを少しでも知ってください。

また質問箱では、皆さんの質問に答えています。仕事のこと、クリエイターのこと、キャリアのこと、愛のこと、アイデアのこと、どんなことにも真剣にお答えします。質問お待ちしています!!


それから、ラインで気軽に話しかけてみてください。このnoteを書いているゆういちが質問やコメントにお応えします。


この記事が参加している募集

オープン社内報

このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

スキありがとうございます!ツイッターものぞいてみてください!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!