見出し画像

変われないのは、勇気がないから? 僕らの学習帳 vol.139

あなたはこの瞬間に変わることができる。

この考え方がアドラー心理学の基本原則であり、嫌われる勇気でもこのテーマから話が始まっていきます。そして、「この瞬間に変わることができる」という言葉を、多くの人は信じることができません。

なぜなら、今までずっと変われなかったからです。

私たちは、あらゆる関係性の中で生きています。家族関係、夫婦関係、親子関係、友人関係、職場関係。そのあらゆる関係の中で、あなただけが変わることは、何かを捨てることになります。何かを裏切ることになります。

そんなことはできないと、これまでずっと変わってこなかった。それは、あなたの優しさです。

アドラー心理学ではこの「優しさ」を切り捨てます。

変わること、それはライフスタイルを選び直すことです。自分の関係性や生活、生き方を選び直すことです。この選び直すことにはどうしても苦痛が伴います。

今までのライフスタイルを継続していれば、変化はありません。選び直した後の変化も、予想外の出来事も起きません。今のライフスタイルを選ぶこと、それはつまり、安定を選ぶことです。たとえ、少々の不幸が起きたとしても、それ以上に安定を求めているということです。

逆に、ライフスタイルを選び直すと、自分の生活や家族関係、仕事関係に変化が起きます。そこから、何が起きるのかは選びなおした本人にも想像ができません。これは、今の安定を賭けて、新しい生活と幸せを手にしようという勇気です。

変化できない、変われない人に足りていないのは、出会い、能力、才能、お金、友人、コネのどれでもありません。勇気、足りないのはそれだけです。


だから、「Aだから、Bできない」というのではなくて、「Aだけど、どうやったらBできるのか」を考えることが必要になってきます。

それは、言い訳をせずに、変化を選びとる勇気が必要です。しかし、この勇気を持つことさえできれば、あなたは「この瞬間から変わることができる」のです。

あまりにも現実的過ぎて、身も蓋もない話です。本の中でも「劇薬」という表現がなされています。それは、現実をみないでやり過ごそうとしている人に対しては、辛く厳しいでしょう。

しかし、その現実を直視するところから、人生が始まる。そう考えてみるといいのかもしれません。


今回の僕らの学習帳は、「嫌われる勇気」から、お話ししました。今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画をぜひご覧ください。


このnote・youtubeにあわせて、SUGOIでは毎月読書会を開催しています。誰でも参加できて、読書もできて、しかも、楽しい議論ができる読書会です。

興味のある人は、ぜひこちらのnoteのマガジンをご覧ください。


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

あなたのスキに感謝です。youtubeもよかったら見てください!
19
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!