見出し画像

誰もがかつて アーティストだった 僕らの学習帳 vol.101

「すべての子どもはアーティストである。問題なのは、どうすれば大人になったときにもアーティストのままでいられるかだ」ーパブロ・ピカソ

ピカソのいうとおり、私たちは子どものまま大人になることはできません。どこかで、「子どもらしさ」を捨てて大人になってきました。

でも、なぜ大人にならなきゃいけなかったんでしょうか?

子どもは、自分だけの視点で世界を見ています。自分勝手に興味を持ち、探究して、面白いなぁってワクワクしています。でも、それらのほとんどは、お金にならないし、仕事にならないし、価値がないことばかりです。

だから、僕らは大人の視点を学んできました。みんなで同じものが見えるように訓練しました。そして、常識や知識を身につけてきました。

それが通用していたのは、ずっと正解が固定されていたからです。みんなが正解と考えるものが同じで、それを集めることが仕事になったからです。

だから、自分だけの視点を捨てて、みんなと同じ視点や考え方を身につけてきました。それが、ここではアーティストをやめることとなっています。


このみんなと同じ視点や考え方が、価値を持っていた時代が、今終わりつつあります。これからの時代は、「自分なりの答え」を持つことが必要になってきます。

「自分なりの答え」を当たり前に持っていた子どもから、社会に合わせるために「自分なりの答え」を捨てた大人になりました。

そこから、もう一度、自分なりの答えを持つために、アーティストにもどること、つまり「アート思考」が必要になってきます。

このアート思考がどういうものかについては、次回以降に説明します。



今回の僕らの学習帳は、「13歳からのアート思考」のPROLOGUE「「あなただけのかえる」の見つけ方」から、お話ししました。

今回の話について、もっと詳しいことを知りたい人は、動画・音声をぜひ聞いてください。

僕らの教室


僕らの放課後(youtube)


僕らの放課後(podcast)



僕らの学習帳は、「遊びたりない、学びたりない人」に向けて、クリエイティブにまつわる遊び=学びを伝えるコンテンツです。

講義スタイルの「僕らの教室」、ラジオスタイルの「僕らの放課後」と合わせて読んでいただくと、より遊びも学びも深まります。

ぜひ一緒に、もっと遊び、学びましょう!


このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

ありがとうございます!「本で遊ぶじかん」に遊びに来ませんか?
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!