見出し画像

最高のチームビルディングの場所は、車の中だった

車内に重い空気が張り詰めていた。「どんより」という文字が浮かんでいるほどの。

代表の陽児さんの運転する車の中、後部座席には百乃と恵美、助手席には私が座っていました。

全員が疲れ果てた車の中、すっかり夜になっていた帰り道。私たちは、どんよりと一緒に車の中にいたのです。


こんばんは、毎週欠かさずこのコラムのネタを自分で作り出しているCOOのゆういちです。

SUGOIでは移動の時に、陽児さんの車で移動することが多く、その車内でとにかく喋ります。喋り倒します。

どういうことを考えているのか、今あったことはどういう意味なのか、それを解釈するとどうなるのか、そして、この経験を次に活かすのであればどうすれば良いのか。

そんなことを喋り続けます。

この日もそうでした。私の失敗から起きてしまった一連の流れに、全員が疲れ切ってどんよりとしていたのです。

そんな時に、話始めるのは、いつも陽児さんです。
「今回のことをもう一回みんなで話してみよう。」

その言葉をきっかけに全員が全員の視点で、あったことを話始めます。自分たちの悪かったところ、改善できること、そもそもの原因などなど。

とにかく言葉を尽くし、考え方を出し続け、それを共有できます。そこには、誰の意見を優先するとかではなく、全員の意見やものの見方からことのありさまをかたどっていきます。


今回のきっかけは私の失敗でした。だからこそ、車の中での私の頭の中には「やってしまった、申し訳ない。」「情けない、悔しい」という言葉でいっぱいでした。

その感情を、この弱っちぃ感情を、みんなは理解しながら、でも遠慮なく意見を言ってくれます。その意見に答えて、私も甘えてばっかりではおらず、どうすれば良くなるか、この先に同じような失敗をしないために、どうすれば良いのか。

それは、いつの間にか、個人の失敗ではなく、会社全体の課題・問いへと昇華されていきます。とてもシンプルな問い「どうすればSUGOIはもっと良くなるのか」に。

そこには、みんなに自分の失敗を担いでもらっているという申し訳なさもありつつ、それ以上に、このメンバーと一緒で良かったという思いが強くなっていきます。


夜のドライブを終えて、いつも見慣れた車窓からの夜景が見えた頃には、あの「どんより」はなくなっていました。そこにあったのは、少しだけ良くなったSUGOIでした。

こうして少しずつ変化・成長しながら、SUGOIが変わっていくこと。良くなっていくことができるチームで本当に良かったです。

さて、それ以外の今週のリアルタイムのSUGOIはこちらです。


a yohakのnoteと案件、4月19日月曜日

・a yohakのnoteを書いていく
SUGOIでスタートさせるa yohakにおいても、noteは活用していこうと考えているので、noteのなかでどうa yohakを表現するのかを考え続けています。

言葉にする、人に伝える伝わるために、どういう構造がいいのか、構成がいいのかを考えながら、少しずつ形にして行っています。早く読んでほしいです。

・本で遊ぶじかん2の準備
5月の本で遊ぶじかん2の本をどれにするのかをみんなで話し合いながら、決めていきました。その様子の動画も近日中に公開予定です。

ちなみに、次回の本はこちらに決定しました!

さらに、ホワイトボードアプリのmiroの準備も進めていきました。

スクリーンショット 2021-04-19 17.31.14


グリーンエイトさんで茶摘、4月20日火曜日

・静岡のグリーンエイトさん
茶摘みのシーズンになったということで、グリーンエイトさんのお茶畑へと行ってきました。瑞々しいお茶の葉っぱを自分たちの目で見て、体験してきました。さらには、実際にお茶を製造している工程も見せてもらい、お茶というものをより深く知ることができました。

画像2

(お茶畑の奥に見える富士山)

noteの構成と本で遊ぶ2、4月21日水曜日

・a yohakのnoteマガジンについて
a yohakのnoteについてマガジンをどうつくっていくのかの話し合いを社内で行いました。有料にするのか、無料にするのか、どう言った人に読んでほしいのかを考えていきました。

・本で遊ぶじかん2「アロハで猟師、はじめました」
今月の「本で遊ぶじかん2」は、アロハで猟師、はじめましたを読みました。今回からmiroを導入してみたり、時間を短めに区切ってみたりと、新しい取り組みをはじめました。

これから「本で遊ぶじかん2」として、よりたくさんの人に遊びに来てもらえるイベントにしていきたいです。

画像1


・恵美の記事
今週は、社内にひそむスーパーマンの話でした。と言っても、本当にスーパーマンがいるわけではなくて、何かわからないことがあった時に、どうしたらいいのか、というお話しです。

先輩や上司に質問をしていいのかどうか、悩んでいる新入社員の方にぜひ読んでほしいnoteです。


僕らの教室を収録、4月22日木曜日

・僕らの教室の収録
今月は「アロハで猟師、はじめました」という一冊を使って、4本の僕らの教室を収録しました。テーマとしては、働くについて、自由について、人のつながりについて、資本主義について、と多岐にわたっています。来週からの公開を楽しみにしていてください。

・僕らの教室、公開しました!
ライフプロジェクトという壮大な実験も、時代が変わればやり方が変わるかもしれません。昔は紙でデータを集めていたのものが、次世代では全てアプリで行うこともできるでしょう。

そんな未来の科学研究のあり方についてお話ししています。


・自分報コミュニテイのnoteを公開しました。
先週の木曜日から公開している自分報コミュニティをどう楽しめばいいのかについて、書いております。

偶然を楽しむ、思いも寄らない自分に出会える「自分報コミュニティ」を多くの人に楽しんでほしいと思っています。どんなコミュニティかは、ぜひnoteを読んでください!


案件動画の最終調整、4月23日金曜日

・今月納品の動画を進めていきます
ここ数ヶ月ずっと取り掛かっていた動画のお仕事が間も無く終わります。社会的にも意味のある大切な動画たちの最終仕上げを、百乃がしっかりと仕上げてくれました。

・僕らの学習帳を公開しました
かつてはラーメン百貨店んと呼ばれていた西武百貨店。(ラーメンしか食べるものがない、それ以外には何もないという意味らしいです)この西武百貨店を立て直した堤清二は、さらに百貨店経営者とは思えない施策を実行していきます。

その文化はいまだに残っていて、無印良品やパルコなど、彼の残したものはとても大きな存在感がいまだにあります。なぜ、百貨店経営者が無印をはじめたのか、パルコを始めたのか。

その答えはぜひnoteを読んでください。


以上、4月19日の週のSUGOIでした!

SUGOIの考えていること、感じていることを毎週土曜日に書いています。このコラムを通じて、SUGOIのことを少しでも知ってください。

また質問箱では、皆さんの質問に答えています。仕事のこと、クリエイターのこと、キャリアのこと、愛のこと、アイデアのこと、どんなことにも真剣にお答えします。質問お待ちしています!!



この記事が参加している募集

オープン社内報

このnoteを書いたSUGOIって、どんな会社?

あなたのスキに感謝です。youtubeもよかったら見てください!
「つくりもの」をつくらない、つくる会社 | メンバー全員がクリエイター | 企画立案から実制作まで、「愛とアイデア」をもって行います | 映像、グラフィック、ウェブ、ブランド、プロジェクションマッピング、ホログラム、etc | note毎日更新しています、フォローお願いします!