見出し画像

【このイベントは終了しました】読んで書いて聞いて話す。五感をフル活用する読書会で、ナラティブを見つけませんか?

インプットだけでも、アウトプットだけでも、知識は定着しにくいとはよく言われることです。とはいえ、本を定期的に読むだけでもハードルが高いのに、それについて、まとめるなんて簡単にできることじゃありません。

そんな人にこそ、SUGOIの読書会「本で遊ぶじかん」に遊びに来て欲しいです。

この読書会の最大のメリットは、事前の準備が全く入りません。本を買うことも、読むことも、何か知識を入れておくことも、必要ありません。ただ、当日、遊びに来てくれれば大丈夫です。

このイベントを楽しめる人は、本を読みたいけれど時間がない人、知的好奇心を刺激したい人、面白い人たちと知り合いたい人。このどれかにでも当てはまれば、絶対に楽しくなるイベントです。


今回の「本で遊ぶじかん」は、10月21日水曜日の19時。
テーマは、「ナラティブと共同性」です。


テレビで見たプロ野球選手のかっこいい様子に心を打たれて、自分もあんなふうに活躍したい。そう思って、練習を一生懸命続けてきたおかげで、プロ野球選手になれました。
高校受験の時に、勉強が嫌いになって、大学も行きたくないと思っていたけれど、その時の私に一生懸命付き合ってくれた担任の先生に励まされて、大学を受験。今では、小さい頃からの夢だった研究者に向かっています。
本を読むのが好きで、ずっと本を読んでいた。そんな時に、「本の向こう側に広い世界がある」という言葉に出会い、本を読みながら世界中を旅しました。今では、世界中の文化について記事を書いています。


このように、人にはそれぞれ物語があります。いろんな経験があって、いろんな目標があって、今があります。

そして、その物語は過去の解釈を変えれば、大きく変化します。

プロ野球選手になった人が、過去のプロ野球との出会いをフォーカスして語るのは、現在プロ野球選手だからです。もし途中で挫折して、教師の道を選んでいたとしたら、尊敬する先生との出会いに意味を与えていたかもしれません。

このように、私たちはナラティブ(物語)を語りながら、自分を見つけて、自分を作っています。だからこそ、ナラティブが弱いと自分に自信が持てなくなったり、将来に不安を持ったりします。

このナラティブというもの、まだまだ世間的には普及していませんが、どんな人にも大切な自分だけの物語を見つける方法かもしれません。


ナラティブってどんなものなのか?コーチングやカウンセリングとはなにが違うのか?どのように使うとナラティブはいいのか?そんなたくさんの疑問を一緒に考える時間に、ぜひ遊びにきてください。初めての方も、いつもの方も、久しぶりの方も、大歓迎です。



日時:10月21日(水)19:00〜(開場18:50)
開催場所:東京都世田谷区上野毛3-13-8 秀和上野毛レジデンス102号室
参加料:2,000円
決済方法:このnoteの記事を購入 or 下記のpeatixでチケット取得
参加人数:5人〜最大15人



購入ありがとうございます。当日お会いできることを楽しみにしております!!(こちらで決済を完了された方は、peatixの手続きはしないでください。)

あと、5分だけください👉

あなたのスキに感謝です。サークルもよかったら見てください!
6
「愛とアイデアのあふれる世の中をつくる」をビジョンにかかげる、クリエイターだけの会社。 (ちなみに、社名のSUGOIとは、愛とアイデアがかけ合わさって生まれるときに、自然に出てくる感動の一言から) 2023年までにティール組織になることを目標に、メンバーを募集中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。