マガジンのカバー画像

YOUR START UP - あなたを始めるワークショップ

105
SUGOIが毎月開催している本を使ったワークショップ「YOUR START UP -あなたを始めるワークショップ」のマガジンです。 このワークショップは、何よりもあなたが成長す… もっと読む
運営しているクリエイター

#note新エディタ

固定された記事

3年間毎月、読書会を開催しつづけたら、スキルアップのためのヒントしかなかった。

3年間で、36冊。 数字にしては、それほど大きな数字でもないでしょう。それでも、1冊1冊に…

【固定表示】 「本で遊ぶじかん」は、素敵な人と本との出会いをうみだす、愛に溢れた…

本好きとして、悩んでいることがある。 そして、この悩みは、どの読書好きも持っているんじゃ…

秋の夜長に一緒に読みたい本4冊、あなたならどの本を読みたいですか?

毎月恒例、SUGOIのメンバーが読んでみたい本をシェアする「本を選ぶじかん」です。 ついこの…

弱い者がとるべき戦略とは? 僕らの学習帳 vol.154

戦略には2種類あるとはよく言われることです。それが、強者の戦略と弱者の戦略です。 強者の…

あなたが読んでみたい本を教えてください【本選ぶじかん】

今月おすすめの本を4冊選んでみました。教育からベストセラーまで、楽しみ方もジャンルも違う…

島では偶然がチャンスを生む 僕らの学習帳 vol.153

生物は強いものが生き残る、そう思っていませんか? 確かに、強いものほど生き残る可能性が高…

その常識、ゆさぶってみませんか?【本が10倍面白くなる読書会への招待】

私たちは反省をよくします。 仕事で失敗をした時、恋人を傷つけてしまった時、友人との待ち合わせに遅刻した時、親に怒られた時、ものを亡くした時。 なんでそんなことをしてしまったのか考えて、その失敗を次はしないようにと心に誓います。これが反省です。 そこには、私たちは少しずつでも成長できる、進歩できるという考え方があります。反省することで、昨日の自分より少しでも良くなろうという思いです。 そして、この反省という行為は、私たちにとって当たり前すぎて、疑うことすらありません。

スキ
22

「ガラパゴス」だって悪くないことに気づけたじかん【8月の本で遊ぶじかん2】

「ガラパゴス」で育った生き物は弱い。 たとえば、ガラパゴスの名前の由来となったゾウガメ。…

喪失体験を振り返ること 僕らの学習帳 vol.151

喪失を体験を乗り越えること、それはとてもとても大変な仕事です。時間も、精神力も、体力もつ…

これからは、喪失を語れる社会へ 僕らの学習帳 vol.150

喪失は避けることはできません。親との別れ、配偶者・パートナーとの別れ、恋人や友人との別れ…

喪失との向き合いかたは人それぞれでいい 僕らの学習帳 vol.149

喪失との向き合いかたを考える時に大事なことは、正解はないということです。 喪失の体験は人…

悲嘆との向き合いかたを考える 僕らの学習帳 vol.148

大切な人を失った時の、悲しみ、嘆きの感情は、とても激しいものです。その激しさは、人の命を…

読書会マニアが選んだ読書会「本で遊ぶじかん」、そのポイントは頭のデトックス

▶︎ビジネス感のない読書会これまで数多くの読書会に参加してきましたけど、企業が主催して…