マガジンのカバー画像

YOUR START UP - あなたを始めるワークショップ

105
SUGOIが毎月開催している本を使ったワークショップ「YOUR START UP -あなたを始めるワークショップ」のマガジンです。 このワークショップは、何よりもあなたが成長す… もっと読む
運営しているクリエイター

#僕らの学習帳

固定された記事

3年間毎月、読書会を開催しつづけたら、スキルアップのためのヒントしかなかった。

3年間で、36冊。 数字にしては、それほど大きな数字でもないでしょう。それでも、1冊1冊に…

地球温暖化の知りたくない話 僕らの学習帳 vol.165

ここに、1つの大きなバスタブがあります。栓はちゃんと閉じてあります。そこにゆっくりと水が…

人はいつ変わろうと思うのか? 僕らの学習帳 vol.164

大人も子どもに関わらず、もっとも難しいことは、自分を変えることかもしれません。 今までの…

IQ70から84の「普通」の子どもたち 僕らの学習帳 vol.163

あなたは「普通」ですか? そう聞かれたとしたら、あなたはなんと答えるでしょうか。「はい、…

多くの非行少年に共通するある特徴 僕らの学習帳 vol.162

少年院に入っている非行少年たちに共通する特徴ってなんだと思いますか? ドラマや映画などで…

殺人を犯した少年の自己分析とは? 僕らの学習帳 vol.161

「僕はやさしい人間です」 殺人を犯した少年はそう話しました。 これは、ホラー映画の一節で…

私たちにも森が必要?! 僕らの学習帳 vol.160

なんで学校に行かなきゃいけないの?という質問を親にして困らせたことがある人はたくさんいると思います。 毎日まいにち、教室に座って、授業を聞いて、宿題をする。それがあなたのためになるんだからと言われて、わかったようなわからないような気分になりながら、学校にいく。 大人になってあの時の勉強が確かに意味があったと思うものもあれば、一体なんの意味があったんだろうとわからなくなるものがあるのも事実です。 だからこそ、なんで勉強しなきゃいけないのだろう、と考えるとわからなくなってし

スキ
13

アロペアレンティングの可能性 僕らの学習帳 vol.159

アロペアレンティング、聞き慣れない言葉です。それもそのはず、日本ではほとんど全く行われて…

名付けられる死者と呼ばれない死者 僕らの学習帳 vol.158

私たちは、2度名前を与えられます。1度目は生まれた時、2度目は亡くなった時。 この亡くなっ…

手放せば手放すほど尊敬される? 僕らの学習帳 vol.157

ある文化や社会がどんな社会かを知るのに有効な一つとして、どんな人物が尊敬されているかを調…

反省しないなんて、どういうつもり? 僕らの学習帳 vol.156

反省。これほど人の気を重くさせる2文字もなかなかありません。 反省しておきなさいと親に厳…

大切なことは、戦わないこと 僕らの学習帳 vol.155

ガラパゴス諸島に生息している動物はおかしな動物ばかりです。 そしてその動物たちは、大陸で…

弱い者がとるべき戦略とは? 僕らの学習帳 vol.154

戦略には2種類あるとはよく言われることです。それが、強者の戦略と弱者の戦略です。 強者の…

島では偶然がチャンスを生む 僕らの学習帳 vol.153

生物は強いものが生き残る、そう思っていませんか? 確かに、強いものほど生き残る可能性が高くなります。ライオン同士でもより強く、より狩りのうまい個体の方が生き残る確率が高くなります。 また、草食動物においても、より速く、より強い個体の方が、子孫を残す確率が高くなります。 このように、より強いものが生き残る状態のことを「自然淘汰」と言います。弱いもの、遺伝的に合わないもの、生存に適さないものは、自然に淘汰されて、滅びていくという考え方です。 これは、多くの場合において正し

スキ
28

有利なのは、スペシャリスト?それとも、ジェネラリスト? 僕らの学習帳 vol.1…

ビジネスの世界において、ジェネラリストとスペシャリストという言葉はよく使われます。 ジェ…