インターンめぐみのモヤモヤのち晴れ

55

通知表なんか気にせずに、「つくりたい」と言えば良かったんだ

小学生の頃、図画工作の授業が好きでした。 木を切るだけじゃ物足りなくて、ペンたて機能付き…

+1

分かりそうで分からない瞬間が、きっと変化のスタートライン

予習と復習には、それぞれ授業と同じ時間をかけなさい。高校の授業で、こんなことを言われた記…

初めてのテーマでnoteを書いてみたら、未完成の地図を描く面白さに気づいた。

「このnote、めぐみが書いてみなよ」 そう言われて渡されたnote記事のテーマは、SUGOIで新し…

+3

動きにくい世の中だからこそ、日常をときめかす旅を探しにいこう。

旅とは、少し遠くへ行ってみることです。 行きたいところリストを書いてみたり、近場をドライ…

「私がやります」と言えなくても、ありのままの自分を愛そうと思えた理由

「このまま、やり続けていいのだろうか」 社内のチャットが動いても、モーニングで入ったファ…

弱虫で遠慮ばかりのインターンがパンツを脱ぎ捨てて、本当の仲間になりたいと思った日

「パンツを脱いでください」 ずっと前、ワークショップデザインの勉強会でこう言われ、ギョッ…

初めて訪れた下町の町工場でSFみたいな夢を聞いた。

初めての町工場。大きく息をする機械たち。小学校の時、社会科の教科書から想像したより遥かに…

怖がりな私に気づけたのは、毎週noteを書き続けたから。

人は知らず知らずのうち、身を守りたくなるものですね。 こんにちは。守りに入る自分が嫌で仕…

5分弱の動画さえつくりきれない私を、情けないと責めないで欲しい。

乗り換え待ちのホームで味わったドキドキが忘れられない、SUGOI学生インターンのめぐみです。 …

どこで仕事をしていても、止まった手を動かすのは私だけ。

リモートワークが苦手でしょうがない、SUGOI学生インターンのめぐみです。 分かっているんで…