インターンめぐみのモヤモヤのち晴れ

62

書いた文章を全消ししたい夜に出会ったのは、真っ裸の初心だった

なんか違う。でも何が違うのか分からない。 そんなとき、私たちはあれこれ手を打とうとします…

今持っているものに目を向けたら、新しいことを始める怖さがなくなった

「これならできそうじゃない?」 マンションの一室、白壁を基調としたSUGOIのスタジオ。ホワ…

諦める意味に気づいたら、もっと仲間を頼りたくなった

「諦めるって感じ、かな」 そう言って頷き合う2人に全く共感できませんでした、半年前の私は…

コンプレックスを受け入れたら、仲間探しの旅に出たくなった。

私のコンプレックスは、正義感の強さでした。 きっかけは小学校6年生の卒業文集。”正義感が…

情けない仲間も情けない自分も、ゆるせるようになりたくて

「情けないよ」 画面越しにSUGOIの代表ヨウジさんがそう言うのを聞きながら、私は目に涙が溜…

自己開示の苦手なわたしが、温泉で心を裸にした話

温泉で仕事の話をするとは思ってもいませんでした。 「めぐみはそう思っていたんだね、想像と…

弱虫で遠慮ばかりのインターンがパンツを脱ぎ捨てて、本当の仲間になりたいと思った日

「パンツを脱いでください」 ずっと前、ワークショップデザインの勉強会でこう言われ、ギョッ…