僕らの学習帳

140
固定された記事
いくつになっても、遊びつづける、学びつづける 〜僕らのシリーズを始めます

いくつになっても、遊びつづける、学びつづける 〜僕らのシリーズを始めます

遊びたりない、学びたりない人たちに向けて、遊び・学びつづけていくための「場所」をつくりました。 それが、「僕らのシリーズ」です。このシリーズは、僕らの教室・僕らの放課後・僕らの学習帳の3つがあります。 僕らの教室 COOの子守祐一が、本の内容をわかりやすくまとめています。遊び・学びのきっかけとして、本の知識を伝えています。 本を読みたいけど読めなかった人、新しい知識を学びたい人、本が好きな人、問いを見つけたい人に向けて、お話ししています。 僕らの放課後 CEOの秋

4
石原慎太郎はよくわからない 僕らの学習帳 vol.136

石原慎太郎はよくわからない 僕らの学習帳 vol.136

石原慎太郎という人が、世に出たのは「太陽の季節」という小説でした。この小説が芥川賞を受賞し、さらにそのセンセーショナルな描写が話題になりました。 その後、ベトナム戦争の時期に、石原さんは読売新聞の依頼でベトナムへと行きます。米軍と行動をともにしながら、ベトナム戦争の取材をして文章を書くというものでした。 この行軍作家として、ベトナム戦争を取材しているときに石原さんは驚くべき行動をします。 石原さんと日本の記者たちは、米軍将校の案内で各地を見て回っていました。そのとき、南

17