僕らの学習帳

145
固定された記事
いくつになっても、遊びつづける、学びつづける 〜僕らのシリーズを始めます

いくつになっても、遊びつづける、学びつづける 〜僕らのシリーズを始めます

遊びたりない、学びたりない人たちに向けて、遊び・学びつづけていくための「場所」をつくりました。 それが、「僕らのシリーズ」です。このシリーズは、僕らの教室・僕らの放課後・僕らの学習帳の3つがあります。 僕らの教室 COOの子守祐一が、本の内容をわかりやすくまとめています。遊び・学びのきっかけとして、本の知識を伝えています。 本を読みたいけど読めなかった人、新しい知識を学びたい人、本が好きな人、問いを見つけたい人に向けて、お話ししています。 僕らの放課後 CEOの秋

4
性差が激しいという日本語の弱点 僕らの学習帳 vol.146

性差が激しいという日本語の弱点 僕らの学習帳 vol.146

前回は、日本語には褒め言葉が少ないという弱点について紹介しましたが、日本語の弱点は他にもあります。 その1つが、性別による差が大きすぎるというものです。つまり、男性が使う日本語と女性が使う日本語が大きく異なるというものです。 不思議な話ですよね。同じ日本語を使っているはずだから、性別が違っても使う言葉が変わるわけがありません。日本語はいつだって同じ日本語のはずです。 しかし、実際に日本語を見ていくと、そんな単純な話ではないことはよくわかります。男性の使う日本語と女性の使

39
日本語には、褒め言葉が欠けている 僕らの学習帳 vol.145

日本語には、褒め言葉が欠けている 僕らの学習帳 vol.145

日本語には、褒め言葉がありません。0と言ってもいいくらいありません。 そんなはずはない。えらい、素晴らしい、よくがんばりました、よくできました、いい感じ、など褒め言葉はたくさんあるじゃないか、と思われるかもしれません。 たしかに、これらも褒め言葉ではありますが、どの言葉も対等ではない関係性で使われるものばかりです。 目上の人間から目下の人間へとその頑張りを褒め称えるものか、その逆に下から上へと敬意を示すようなもののどちらかです。つまり、日本語の褒め言葉には、上下関係の意

19