僕らの学習帳

131
固定された記事

いくつになっても、遊びつづける、学びつづける 〜僕らのシリーズを始めます

遊びたりない、学びたりない人たちに向けて、遊び・学びつづけていくための「場所」をつくりました。 それが、「僕らのシリーズ」です。このシリーズは、僕らの教室・僕らの放課後・僕らの学習帳の3つがあります。 僕らの教室 COOの子守祐一が、本の内容をわかりやすくまとめています。遊び・学び…

渡邉恒雄が尽くした政治家 僕らの学習帳 vol.133

多くの人は権力を掴むことによって世間に認識されます。そして、まるでその人がずっと権力者だったかのように、錯覚してしまいます。 でも、当たり前ですがどんな人にも若い時があり、苦労した時代があり、そして、その人なりの創意工夫や運命や出会いがあり、権力を掴むことができたのです。 いまや…

中内功と松下電器との死闘 僕らの学習帳 vol.132

スーパーやドラッグストアなどで当たり前に見られる特売や値引、安売りの文字。この安売りが実現したのは、中内功という経営者がいたからでした。 彼の安売りへの道のりは決して簡単なものではありませんでした。父親の代から続いていた薬局を引き継ぎ、「主婦の店・ダイエー薬局」と名前を変えて、様…

小泉純一郎はどんな「変人」だったのか 僕らの学習帳 vol.131

5年以上にわたって総理大臣を務めた小泉純一郎という政治家は、とても多くのことを成し遂げました。そしてその影響は計り知れないほどです。有名なところでは郵政民営化があります。 それ以外にはたとえば、官邸機能の強化を実行しました。詳しいことは省きますが、国家の予算を決める権限を、財務省…

江副浩正が見つけた「情報」の価値 僕らの学習帳 vol.130

「わが社は日本株式会社の人事部を目指す」 日本全体の採用活動を一手に担おうというこの発言は、壮大すぎる野望にも聞こえますが、まさにこの役割を果たしている会社があります。それが、江副浩正という稀代の企業家がつくったリクルートです。 その彼が生きた時代はどんな時代なのか。彼が東京大学…

田中角栄が日本に残したもの 僕らの学習帳 vol.129

田中角栄といえば、よく言われるのが人身掌握術。「人たらし」とも言われる彼のすごさを凝縮したのが、1962年の大蔵大臣の就任のあいさつでした。 大蔵官僚を前にして行った挨拶の最後は次のようなものでした。 「できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこの田中角栄…

なぜバンクシーは匿名なのか? 僕らの学習帳 vol.128

バンクシーは活動を始めてから、ずっと匿名を貫きとおしています。インタビュー受ける時は、基本的にはメールで、対面の場合もフードをすっぽりかぶり顔を隠し、変声機を使っています。 バンクシーのように、グラフィティアーティストが自分の身元を隠すのはよくあることです。というのも、グラフィテ…

バンクシーが世界に見つかった 僕らの学習帳 vol.127

バンクシーというアーティストのすごさは、アートの世界にも、その外側にも受け入れられているところです。 2019年には、サザビーズという世界最古の国際的な競売会社から、彼の作品が987万ポンドで落札されたことが発表されました。これは日本円にして13億円にもなります。 これは、アート…

ステンシルはかっこ悪い?! 僕らの学習帳 vol.126

現在知られているバンクシーの作品のほとんどは、ステンシルという技法によって作られています。 ステンシルとは、簡単に言うと「型抜き」です。段ボールなどを自分の描きたい形に切り抜き、その上からスプレーすることで、切り抜いた部分がくっきりと絵としてあらわれます。 このステンシルという手…

みじめな学校生活が「バンクシー」を生んだ 僕らの学習帳 vol.125

バンクシーといえば、路上でのグラフィティ活動や、ストリートのアート作品が有名なアーティストです。 この路上でのアート活動、またグラフィティという文化から、バンクシーというのは労働者階級出身や、貧困な家庭で育ったかのようなイメージを持っているかもしれません。 が、実際は全く違います…

「Roma」が語る罪の意識 僕らの学習帳 vol.124

この「Roma」という映画の監督は、ハリーポッターの監督も務めたほどの売れっ子のアルフォンソ・キュアロンです。 そのほかにも、アカデミー賞に輝いた「ゼロ・グラビティ」や「トゥモロー・ワールド」「天国の口、終わりの楽園」など、数々のヒット作を作ってきた監督です。 その監督が、初めて心か…