今週のSUGOI

80

ハッピーエンドを探しています。それは、すぐそこに、あるから。

ストーリーを語るなら、ハッピーエンドがいい。それもご都合主義的なものではなく、悩みに悩んだ後に選ばれた、そんなハッピーエンドがいい。 突然、スーパーマンが現れて、魔法の力で、宝くじが当たって、ハッピーエンドを迎えました。そんな展開は少しも求めていないけれど、その一方で、簡単にバッドエンドが描かれるもの好きではありません。 ストーリーを描くからには、悩み続けて、苦しみながらも、ちゃんとハッピーエンドを描きたいそう考えています。 こんばんは、久しぶりに今週のSUGOIを書い

スキ
14

今週起きた「変化」を忘れないために。そこに価値を生み出すために。

人はいつだって変われる、いますぐにでも、とはあのベストセラー嫌われる勇気のメッセージです。この言葉と似たような考え方は色々なところで、語られます。そう、人はいつだって、変われる、と。 人は変われる、それはきっとそうなのだと思います。ただ、人を変えるという場面になった場合はどうでしょう? 人を変えることなんておそらくできません。そして、できたとしても、人を変えてしまう、その責任を取ることができるのでしょうか? こんにちは、SUGOIのCOOのゆういちです。業務の管理を担当

スキ
36